주요 기사 바로가기

中国ポータル検索語1-10位が「ペロシ」…「台湾到着」瞬間の照会数13億回

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.03 14:18
0
ナンシー・ペロシ米下院議長の台湾訪問が中国SNSとポータルで検索語上位を占め、中国人の大きな関心を集めている。

中国最大ポータルサイト「百度(バイドゥ)」のリアルタイム検索語にはペロシ議長の台湾訪問と中国の対応関連の検索語が3日午前に1-10位を占め、高い関心を反映した。

午後12時現在、百度のリアルタイム検索語ランキングを確認した結果、1位と2位は外務省・国防省など主要省庁の非難声明と深夜に駐米大使を呼んで抗議したという内容であり、中国が台湾を包囲する形で実弾射撃訓練をするという軍事的対応に関する内容がそれぞれ3位、4位となった。

このほかペロシ議長が南シナ海を迂回して台湾を訪問したという内容、一部の台北市民のペロシ議長訪問抗議集会、台湾に近い廈門への装甲車配備なども検索語ランキングの上位に入った。

中国ソーシャルメディアのウェイボーでもペロシ議長関連の検索語が午前中、上位10位圏の大半を占めた。中国ネットユーザーは台湾を訪問したペロシ議長に怒りと敵対感を表しながらも、台湾訪問を防げなかったことに失望したという反応も少なくなかった。

米ウォールストリートジャーナル(WSJ)によると、ペロシ議長が台湾を到着した2日、ウェイボー利用者は飛行状況のスクリーンショットとペロシ議長の到着場面をリアルタイムで載せた。「#台湾メディア報道ペロシ到着22:00#」というハッシュタグはこの日午後まで13億回近い照会数を記録し、ウェイボで人気話題1位だった。

あるネットユーザーはウェイボーに「中国政府が何度か警告したのにペロシが台湾を訪問したというのは我々を無視するということ」としながらも「武力を使用してでも訪問を阻止できなかったのが残念だ」と書いた。別のネットユーザーは「中国国防省は座視しないといったが、ペロシは無事に台湾に上陸した」とし「(中国軍が)どのように対応したのか気になる」と批判した。

午後10時直後にはウェイボー利用者が集中すると、ウェブサイトに接続してモバイルアプリを開くのに困難を訴えるコメントも続いた。ネットユーザーは重要な瞬間にウェイボーの検索ができず、リアルタイム検索語の画面も機能しないと不満を吐露した。

ペロシ議長の訪問を糾弾する中国政府の相次ぐ声明が発表された後には「#ペロシ秘密台湾訪問に対する外交部の対応#」というハッシュタグが1億8000万件の照会数となり、人気テーマ順位で1位になった。

ペロシ議長の専用機を撃墜してでも台湾訪問を防ぐべきだと主張した胡錫進・元環球時報編集長は大衆に向けて失望すべきでないと呼びかけた。胡氏は3日午前、自身のウェイボーに「ペロシが台湾に到着したというのは、我々の抑止力がまだ不足し、彼女の攻勢を防げないことを反映する」としながらも「しかしこれに失望して我々が負けたとか屈辱だと考えるのは誇張であり、我々は決して集団的な弱みを見えてはいけない」と強調した。続いて「大陸はペロシの台湾訪問を阻止することができなかったが、我々は本当に重要な報復と統一に向かって進んでいる」とし「ペロシには彼女と米国の突破口があり、我々も我々の突破口を作っている」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国ポータル検索語1-10位が「ペロシ」…「台湾到着」瞬間の照会数13億回

    2022.08.03 14:18
    뉴스 메뉴 보기
    ペロシ米下院議長
    TOP