주요 기사 바로가기

<インタビュー>韓国統一長官「非核化のため北が憂慮する安保問題扱える」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.29 16:08
0
停戦協定締結69周年だった27日。ソウル南北会談本部で会った権寧世(クォン・ヨンセ)統一部長官の唇に傷あとが見えた。過労のため唇にできた水ぶくれだった。南北対話は中断したが、就任後の業務把握と大統領業務報告、そして「大胆な計画」と呼ばれる尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の対北朝鮮政策の絵を描き、北朝鮮漁民強制送還問題などが重なったりした「静中動の痕跡」だ。中央日報の単独インタビューで権長官は正常化と原則、そして対話・協力を強調した。尹錫悦政権の対北朝鮮政策基調を見せる部分だ。単純な過去の踏襲や全面否定ではなく、間違った部分を正すものの成果を引き継ぐ「進化したリレー」をするということだ。

--北朝鮮漁民送還問題は今後の南北関係に影響を与えるのでは。

「憲法と法律に基づいて処理すべき問題だ。北がどうこう言うことではないとみる。その間、北との対話のために原則を毀損して譲歩し、乱れた側面があった。対話をする時はしても、我々の原則と基本に関する部分は守らなければいけない。尹錫悦政権は原則に立脚しながらも実用的で柔軟な対北政策を追求する。時間がかかっても我々の態度を北に認識させる必要がある」

--尹錫悦政権の北朝鮮政策では何が原則であり、何が柔軟なのか。

「自由民主主義と人権は譲歩できない価値だ。しかし対話や交渉に関しては柔軟に進めていく計画だ。保守層は反発しているが、北の放送やメディアを我々が先に開放する意図がある。特に人道的な部分は北の態度とは関係なく、外部的な政治・軍事的状況とは関係なく、協力することができる」

--対北朝鮮支援を念頭に置いたものか。

「保健・医療の部分においては北が必要だという分だけ協力する考えだ。その過程で制裁の免除が必要なら、それを進めることもできる。北が要請すれば人道的レベルで食糧支援も可能だろう。結局、それが信頼を築く道であり、北の非核化を引き出すこともできる」

政府は新型コロナと伝染病、干ばつなどで今年の北朝鮮の食糧生産量が悪化するとみている。特に昨年も北朝鮮では自然災害などで食糧生産量が減少し、今年の収穫まで厳しい状況と推定している。米中央情報局(CIA)は最近「ワールドファクトブック」で北朝鮮の食糧不足規模を約86万トンと推定した。北朝鮮の住民が2カ月間ほどで消費する量だ。

--現在樹立中の大胆な計画がそれなのか。

「大胆な計画というものは、北が非核化をする場合にその言葉通り大胆に支援をするというものだ。そこにプラスがある。北は安保憂慮というが、北が主張する安保憂慮の部分まで扱うというものだ。李明博(イ・ミョンバク)政権当時と最も大きな違いだ。北が安保憂慮のために核を作ったというので、この部分をなくせば北の核開発の名分は消えるだろう。安保憂慮の解消のためにいかなる措置を取るべきか対話で北に問いたい。北との対話がない状態で大胆な計画を作成中というのは残念だ。米朝関係の改善もいくらでも支援する用意がある」

<インタビュー>韓国統一長官「非核化のため北が憂慮する安保問題扱える」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <インタビュー>韓国統一長官「非核化のため北が憂慮する安保問題扱える」(1)

    2022.07.29 16:08
    뉴스 메뉴 보기
    27日、中央日報のインタビューに応じ、政府の対北朝鮮政策構想を説明した権寧世(クォン・ヨンセ)統一部長官。権長官は北の挑発には断固対応するものの、対話と交流協力を積極的に進める考えを示した。 ウ・サンジョ記者
    TOP