주요 기사 바로가기

韓国、独自開発した国産ロケットで世界7番目の衛星打ち上げ国に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.21 17:44
0
韓国の独自技術で開発した韓国型ロケットのヌリ号(KSLV-2)が成功裏に打ち上げられた。

科学技術情報通信部の李宗昊(イ・ジョンホ)長官は21日午後5時10分の会見で、「ヌリ号は目標軌道に投入され衛星を成功裏に切り離した。大韓民国の宇宙航空が大きく開かれた」と成功を発表した。

ヌリ号はこの日午後4時に全羅南道高興(チョンラナムド・コフン)の羅老(ナロ)宇宙センターから打ち上げられた。昨年10月に続く2度目の打ち上げだ。

目標は人工衛星を高度700キロメートルの軌道に投入し、秒速7.5キロメートルのスピード(時速2万7000キロメートル)で地球の周囲を安定的に回るようにすることだ。1回目の打ち上げでは目標は達成できなかった。

2回目の打ち上げは韓国が独自に開発したロケットに実際の機能を持った独自開発の人工衛星を載せて打ち上げ、成功した初めての事例だ。

韓国は自力で実用級衛星を打ち上げる能力を立証する7番目の国になった。

ヌリ号はこの日羅老宇宙センターで午後3時45分に打ち上げ前準備点検を完了した。引き続き打ち上げ10分前の午後3時50分に自動打ち上げ運用(PLO)プログラムを開始し、自動で打ち上げカウントダウンに入った後、地上固定装置が解除され午後4時に離陸した。

ヌリ号は午後4時2分ごろに1段目を切り離し、2段目も成功裏に分離した。午後4時3分ごろに衛星を覆うフェアリングを分離して高度200キロメートルを通過した。

ヌリ号はその後も正常飛行を続け、午後4時13分ごろに3段エンジンが停止され目標軌道に到達した。引き続き午後4時14分ごろに性能検証衛星、4時16分ごろにダミー衛星をそれぞれ切り離した。

衛星がまともに作動しているかという点は約18時間が過ぎた22日午前10時ごろにも確認できる見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、独自開発した国産ロケットで世界7番目の衛星打ち上げ国に

    2022.06.21 17:44
    뉴스 메뉴 보기
    純国産技術で設計・製作された韓国型ロケット「ヌリ号」(KSLV-2)が21日に全羅南道高興郡の羅老宇宙センターの発射台から火炎を吹き出して宇宙に飛び立っている。実際の機能がないダミー衛星だけが載せられた1回目の打ち上げとは違い、今回の打ち上げられたヌリ号には性能検証衛星と4基のキューブ衛星が搭載された。[写真 共同取材団]
    TOP