주요 기사 바로가기

米大幅利上げの恐怖…韓国証券市場、「黒い月曜日」…1日で88兆ウォン蒸発(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.14 08:04
0
近づく「巨人の影」に証券市場が「ブラックマンデー」を迎えた。大きくなるインフレ(物価上昇)圧力の中で米連邦準備制度理事会(FRB)の0.75%の大幅利上げの懸念が大きくなってだ。厳しい「テーパータントラム」を患った韓国の証券市場は1日で88兆ウォン(約9兆2341億円)が蒸発した。韓国総合株価指数(KOSPI)は3.5%急落しかろうじて2500ポイントを維持した。株価・ウォン・債券価格がすべて下落する「トリプル安」を記録した。

13日の韓国取引所によると、KOSPIは前営業日より3.52%下落の2504.51で取引を終えた。終値基準で2020年11月13日の2493.97以降で最も低い数値まで押された。下落幅は3.52%で今年に入り最大だ。

KOSDAQの下落幅はもっと大きかった。この日KOSDAQは前営業日より4.75%安の828.77で取引を終えた。KOSDAQは2020年8月3日の827.57以来1年10カ月ぶりの安値を記録し、この日の下げ幅は2020年6月15日の7.09%以降で最も大きかった。この日1日でKOSPIが71兆ウォン、KOSDAQが17兆ウォンの合計88兆ウォンの時価総額が減った。

KOSPI時価総額上位100銘柄のうち99銘柄で株価が下落した。52週安値を記録する銘柄も続出した。サムスン電子は前営業日より2.66%下がり今年に入り最も低い6万2100ウォンで取引を終えた。ネイバーが5.93%、カカオが4.49%、カカオペイが10.22%、カカオバンクが8.05%、ハイブが10.96%、SKバイオサイエンスが6.61%など相次ぎ下落して52週安値を更新した。

指数を1年6カ月前に戻したのは外国人投資家と機関投資家の「売り爆弾」だ。この日外国人投資家は4956億ウォン、機関投資家は2175億ウォン相当を売り越した。個人投資家は6676億ウォンを買い越した。日経平均が3.01%、香港ハンセン指数が3.41%、台湾加権指数が2.36%、中国上海総合指数が0.89%などアジアの証券市場もすべて下落した。

テーパータントラムは証券市場だけ揺るがしたのではない。株価とウォン、債券価格がすべて下落する「トリプル安」を見せた。外国人投資家が株式を売りウォンの価値も下がった。この日ソウル外国為替市場でウォン相場は前営業日より15.1ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1284ウォンで取引を終えた。

債券利回りも上昇した。この日ソウル債券市場で国債3年物利回りは前営業日より0.239%上がった年3.514%で引けた。終値基準で2012年3月14日の年3.52%から10年3カ月ぶりの高水準だ。10年物国債利回りも年3.654%で2014年1月23日の3.656%から8年4カ月ぶりの高水準となった。

米大幅利上げの恐怖…韓国証券市場、「黒い月曜日」…1日で88兆ウォン蒸発(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米大幅利上げの恐怖…韓国証券市場、「黒い月曜日」…1日で88兆ウォン蒸発(1)

    2022.06.14 08:04
    뉴스 메뉴 보기
    米大幅利上げの恐怖…韓国証券市場、「黒い月曜日」…1日で88兆ウォン蒸発[写真 シャッターストック]
    TOP