주요 기사 바로가기

「ホットドッグでもたたんでろ」嘲笑されたサムスンの反転…世界市場の88%握る

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.22 09:40
0
「いっそホットドッグでもたたんでろ」。

2019年にサムスン電子が初めての折りたたみスマホの「ギャラクシーフォールド」を発売した時、ウォール・ストリート・ジャーナルのコラムニスト、ジョアンナ・スターン氏はこのように非難した。さらにギャラクシーフォールドにソーセージを挟むユーチューブ動画を投稿したりもした。

こうした嘲笑を受けたサムスンの折りたたみスマホがわずか2年ほどで大衆化に成功し、世界の折りたたみスマホ市場で「独走」している。グーグルは折りたたみスマホ事業から「ひとまず後退」を宣言し、アップルは早くても2023年に折りたたみスマホを発表すると予想される。ここに折りたたみスマホを生産中の中国企業は歩留まりなどの問題からサムスン電子を追撃するのが困難な状況だ。最近の折りたたみスマホ市場はまさにサムスンの独擅場と変わらない

◇サムスン、世界の折りたたみスマホ市場88%獲得

市場調査会社のカウンターポイントリサーチは今年の折りたたみスマホ出荷台数が900万台で、このうちサムスンが全体の88%を占めると予想した。特に2023年まで折りたたみスマホ市場が10倍近く成長すると予想し、サムスンが75%水準のシェアを維持すると予想した。

業界によると8月に発表されたサムスンのギャラクシーフォールド3・フリップ3は9月末基準で200万台以上売れた。米国市場では新製品発売後にサムスン電子の全スマートフォン販売台数のうち折りたたみスマホが占める割合が12%まで上昇した。

業界はサムスン電子が折りたたみスマホ市場を先取りしただけに持続して新たなフォームファクター開発に挑戦すると期待している。オランダのIT専門メディア「レッツゴーデジタル」は16日、「サムスンは折りたたみスマホ市場の先頭走者。来年にギャラクシーZフリップ4・フォールド4の発売が予想される中で巻き取り式スマホなど新たなフォームファクターが現れる可能性がある」と話した。続けて「サムスン電子が2019年に出願した折りたたみスマホのデザイン特許が世界知的所有権機関(WIPO)により最近承認された」と明らかにした。

レッツゴーデジタルが報道したこの製品は、広げればギャラクシーフォールドと同じ大きさだが、縦ではなく横にたたむ方式だ。これにより既存の製品がたたむと細長い長方形になるのと違い、この製品は過去の個人携帯端末(PDA)のように平たい形になる。ただ同メディアは「サムスンが実際にこうしたタイプの折りたたみスマホを発売するかは当分わからない。さまざまなモデルを開発中で、最高のユーザーエクスペリエンスを提供する折りたたみスマホだけ販売されるだろう」と話した。

海外のIT専門メディアはこのほかにもサムスン電子が2回折りたたむスタイルの折りたたみスマホや、安価なギャラクシーZフォールドライトなど多様な試みをしているものと予想している。

特にサムスン電子の折りたたみスマホのモデル名の前に付く「Z」が2回折りたたんだ姿を形象化したもので、折りたたみスマホが究極的にこの形態に進むだろうという観測も出ている。5月にサムスンディスプレーが「Sフォルダブル」の技術を公開してこうした推測に力を与えた。この技術は内側と外側に2回折りたたむ形のディスプレーで画面を完全に広げればタブレットPCのように変わる。このほかに4月にサムスン電子がドイツ特許庁に出願したというスクリーンが横に延びる形のスライドフォンも次期製品群として注目されている。

業界は当分折りたたみスマホ市場でサムスン電子の独走が続くと予想している。KB証券のイ・チャンミン研究員は「サムスン電子が出庫価格引き下げで消費者の進入障壁を緩和したのに対し中国メーカーは歩留まりが落ち売れば売るほど損害という状況」と診断した。続けて「サムスンが技術優位を基に多様な新技術を最初に採択しているところにクラムシェルタイプとノートタイプなど相対的に多角化されたポートフォリオを構築しており多様な消費者のニーズを満たせるという点が強み」と分析した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ホットドッグでもたたんでろ」嘲笑されたサムスンの反転…世界市場の88%握る

    2021.11.22 09:40
    뉴스 메뉴 보기
    米ニューヨークのガーデンシティにある「サムスンエクスペリエンスストア」で市民らがギャラクシーZフォールド3・フリップ3を体験している。[写真 サムスン電子]
    TOP