주요 기사 바로가기

「IPEF参加した韓国…政策支援あればGDP最大2.1%増加」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.13 09:00
0
韓国がインド太平洋経済枠組み(IPEF)に参加することで国内総生産(GDP)が最大2.12%増加するという見通しが出された。「反中連帯」の性格を持つIPEFへの参加で対中輸出が減少する恐れがあるが、韓国政府の政策支援で域内市場進出とUターン企業が増加するならば肯定的効果が倍加されるだろうと分析する。

全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院は12日、こうした内容を盛り込んだ「IPEFの経済的効果」と題する報告書を公開した。米国の主導で先月23日に始まった経済通商協力の枠組みであるIPEFは、韓国と米国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、インド、ブルネイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの13カ国が参加した。

報告書はIPEF参加が韓国経済に肯定的・否定的な影響とも与えるとみた。代表的な否定的効果は韓国などIPEF参加国がウランやリチウムなど鉱物、半導体などの戦略商品の対中輸出入を規制する場合、これに伴いGDPが減少する点だ。これに対し対中輸出入が減少する場合、内需産業の拡大と他地域への輸出増大が現れる肯定的効果も得られるかもしれないと明らかにした。

報告書によると、IPEF参加効果を分析するために韓国経済研究院は4種類のシナリオに基づいて韓国経済に及ぼす影響を推定した。シナリオ1はIPEF参加により戦略産業の対中輸出規制が行われる状況、シナリオ2はこれに対応して韓国政府が技術革新などで政策支援をするという仮定だ。

シナリオ3はシナリオ1に中国が報復次元でIPEF参加国に対し輸出を規制する状況、シナリオ4はシナリオ3に政府の政策支援が加わるという仮定だ。

韓国経済研究院の分析の結果、シナリオ2の場合、韓国の実質GDPは昨年の1910兆7450億ウォンから最大40兆1256億ウォン(2.12%)増加することが明らかになった。域内市場で中国に代わる肯定的効果が対中輸出が減少する否定的効果を相殺するためだ。

韓国経済研究院は短期的にはシナリオ2が最も有力だとみた。米国との対立が高まることが負担になる中国が全面的な報復対応をする可能性は低いとみるためだ。

だが中長期的には中国の報復措置を仮定したシナリオ4にも備える必要があると韓国経済研究院は説明した。報告書によるとシナリオ4の場合にも政府が企業支援政策を具体化すれば韓国のGDPは最大22兆3557億ウォン(1.17%)増加すると見込まれる。

これに対し政府の政策支援が全くないシナリオ1とシナリオ3ではGDPが最大0.45%、または1.61%減少すると予測された。

これを基に韓国経済研究院は韓国が域内市場で中国を代替できるよう研究開発税制支援拡大、リショアリング企業に対する支援がなければならないと強調した。韓国経済研究院のチョ・ギョンヨプ経済研究室長は「戦略産業分野の対中輸出入制限が予想されるためIPEF参加を契機に産業競争力強化と域内輸出投資促進に向けた積極的な支援政策をまとめなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「IPEF参加した韓国…政策支援あればGDP最大2.1%増加」

    2022.06.13 09:00
    뉴스 메뉴 보기
    産業通商資源部の安徳根(アン・ドックン)通商交渉本部長が先月23日午にソウルの大韓商工会議所でオンライン開かれたIPEF発足長官会議でIPEF発足の意義と今後の協議手続き、推進方向などを議論している。[写真 産業通商資源部]
    TOP