주요 기사 바로가기

受注の端境期越えたが…不確実性高まり実績改善までは遠い韓国造船業

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.06 10:10
0
韓国造船業界が受注の「端境期」から脱したが、実績改善は遠い道のりだ。最近、厚板価格の上昇とロシアのウクライナ侵攻事態などの影響で不確実性が高まったためだ。

韓国海洋水産部と造船業界によると、今年初めまでは韓国造船海洋〔現代重工業・現代尾浦(ミポ)造船・現代三湖(サムホ)重工業〕・サムスン重工業・大宇(テウ)造船海洋の造船業「ビッグ3」が下半期からは黒字に転じるという見方が支配的だった。これらの企業の船舶受注が昨年から回復傾向を見せていたためだ。しかし、このようなバラ色の展望に冷水を浴びせる事態が相次いで起こった。

まず、最近、船舶用厚板の供給価格が1トン当り10万ウォン(約1万円)~15万ウォン上がった。厚板は船舶製造原価の20%ほどを占める。厚板価格が昨年1トン当たり50万ウォン引き上げられたのに続き、今年上半期にも上昇傾向が続き、収益性改善を狙っていた造船業界は再び大きな負担を抱えることになった。

ロシア船主の契約未履行の可能性も提起されている。先月、大宇造船海洋は2020年10月、ロシア船主から受注した液化天然ガス(LNG)運搬船3隻のうち1隻を契約解除した。業界では韓国造船3社がロシアから受注した金額が約80億ドル(約1兆円)水準と推定している。対ロシア経済制裁が長期化すれば、このような代金未払い事例がさらに生じる恐れがあると懸念されている。

生産現場の人手不足問題も造船業の足を引っ張っている。2016~2019年の造船業不況にともなう構造調整の余波で設計・研究技術人材を含む相当数の勤労者が造船所を離れた。韓国造船海洋プラント協会によると、協力会社を含む国内造船所の人員は、2014年末の20万3441人から昨年末は9万2687人に、7年間で54%減少した。

このような悪材料の影響で造船業は韓国の13大主力産業の中で唯一、今年の輸出に暗雲が立ち込めている。韓国産業研究院の『2022年下半期経済・産業展望』によると、今年1年間の造船業の輸出は前年比20.2%減少する見通しだ。

希望は残っている。2020年に造船3社と100隻を越えるLNG船建造スロット契約を締結したカタールの大量発注がまもなく始まるためだ。ただ、問題はその間、原材料価格と新しい船舶の船価が上がったという点だ。ハナ金融投資のユ・ジェソン研究員は「1-3月期の厚板および機材費用上昇などによる引当金積み立てがあったため、年間黒字達成は容易ではなさそうだ」としつつも「鉄鉱石と原料炭の更なる価格高が生じなければ円満な実績改善の流れが確認できるものと判断される」との見方を示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    受注の端境期越えたが…不確実性高まり実績改善までは遠い韓国造船業

    2022.06.06 10:10
    뉴스 메뉴 보기
    現代重工業蔚山(ウルサン)造船所
    TOP