주요 기사 바로가기

韓国映画カンヌ2冠…パク・チャヌク監督「汎アジア映画がさらに多く作られるように」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.30 09:57
0
韓国映画が100年歴史上初めてカンヌ映画祭コンペティション部門で2冠となった。28日(現地時刻)、フランス・カンヌで開かれた第75回カンヌ国際映画祭閉幕式で『ベイビー・ブローカー』の俳優ソン・ガンホが韓国最初で主演男優賞を、パク・チャヌク監督が『別れる決心』で監督賞を受けた。2009年『渇き』でともにカンヌを訪れて審査委員賞を受けた二人がそれぞれ違う映画でカンヌ映画祭でそろって受賞する珍しい風景が見られた。『ベイビー・ブローカー』は日本の巨匠、是枝裕和監督が韓国俳優らと韓国で撮影した初の韓国映画だ。韓国映画2編が同じ年にカンヌ映画祭コンペティション部門で同時に受賞したのも、外国監督が撮影した韓国映画で受賞したのも全部初めてだ。

ソン・ガンホはカンヌ映画祭7回目の参加で初めて受賞した。『アルマゲドン・タイム』の俳優アンソニー・ホプキンス、『クライム・オブ・ザ・フューチャー/未来犯罪の確立』の俳優ヴィゴ・モーテンセンなどを抜いた。閉幕式舞台で「メルシー ボク」とフランス語で感謝の挨拶を述べたソンは「数多くの映画ファンの皆さんにこの映画を捧げる」と感想を明らかにした。2004年俳優柳楽優弥が『誰も知らない』で歴代最年少である14歳で賞を受けた後、アジア俳優では18年ぶりだ。『誰も知らない』も是枝監督の作品。ソン・ガンホは2019年カンヌ映画祭のパルムドール受賞作『パラサイト 半地下の家族』をはじめ、ポン・ジュノ、イ・チャンドン、パク・チャヌクなど韓国代表監督との作業では受賞と縁がなかったが、是枝監督と初めてのコラボでトロフィーを握った。カンヌ現地で会ったペク・ウンハ俳優研究所長は「『パラサイト 半地下の家族』の時受けるべきだった。少し遅く届いた賞」とした。

ソン・ガンホは閉幕式後、韓国取材団との席で「良い作品に着実に挑戦すれば最高の映画祭に招かれて(賞を受けて)励まされる過程があるのであり、賞が絶対的な価値だとは思わない」とし「韓国という小さい国でわが国民が絶えず挑戦して変化しようとした努力が、ただ一瞬も怠けられず努力すべき肯定的な環境を作る」と語った。商業映画デビュー作『ベイビー・ブローカー』でシングルマザー役に挑んだ歌手兼俳優IU(実名イ・ジウン)は今年カンヌで行く所々にグローバルK-POPファンが集まったりもした。

2004年『オールド・ボーイ』でカンヌ審査委員大賞を初めて受賞した後、『渇き』で審査委員賞を受けたパク・チャヌク監督はコンペティション部門の受賞が不発になった『お嬢さん』(2016)以降6年ぶりの新作で3回目の授賞に輝いた。パク監督は映画館の重要性を繰り返し強調した。閉幕式舞台で「われわれがこの疾病(新型コロナ)を勝ち抜く希望と力を持ったように、わが映画も、わが映画関係者も映画館を守りながら映画を永遠に守ることができると信じている」と感想を述べたパク監督は受賞者記者会見でも「映画館がすなわち映画」とし、「各作品に合うプラットフォームがある。劇場用映画は劇場で見なければならない」と繰り返し呼びかけた。閉幕式直後、韓国取材団に会ったパク監督は「映画館をしばらく行かず再び訪れた時、感じた衝撃のようなものがある。久しぶりに行ってみたら、『映画とはこんなものか』といった使命感のようなものができるほど驚くべき瞬間だった」とし「映画が映画として存在できる、そのような基本にもう少し深く近づいて映画を作りたいという強い熱望を感じた」と語った。

今年2編の韓国映画が受賞したことに対して、「必ずしも韓国映画だからという理由よりは、私の映画には中国人女優(湯唯)が出演し、『ベイビー・ブローカー』は日本監督(是枝裕和)の脚本と演出で作られた。このようにアジアの人的資源と資本が交流することが本当に意味がある」とし「欧州では1960年代から力を合わせて良い映画をたくさん作ったが、うらやましかった。今後『汎アジア映画』がさらに多く作られるように願う」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国映画カンヌ2冠…パク・チャヌク監督「汎アジア映画がさらに多く作られるように」

    2022.05.30 09:57
    뉴스 메뉴 보기
    第53回百想芸術大賞大賞受賞者のパク・チャヌク監督[中央フォト]
    TOP