주요 기사 바로가기

「初めての生理は夫の家で迎えよ」タリバンはなぜ女性につらく当たるのか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.02 10:06
0
「女性の権利を保障する。イスラム法の枠組みの中で…」

アフガニスタン(以下、アフガン)政権を掌握したタリバンは、世界中の世論を意識したように先月17日の記者会見で、女性の人権を保障すると約束した。しかし、世界のメディアの多くは、この発言について「信じる人はほとんどいない」、「疑わしい」と評した。

実際に、あるアフガン女性がブルカ(女性用ヴェールの一種)を着用してないという理由でタリバンに射殺されることがあった。10代の未婚女性が家にやって来たタリバン隊員に結婚を強要されたという話も出た。ニュースキャスターをはじめ、多くの女性が「今すぐ仕事を辞めて家に帰れ」と脅迫されたという証言がSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に溢れた。

2日後、アフガンの首都カブールのホテルでは、アフガン市民がフェンスを越えて英国の兵士たちに「子供だけでも脱出させてほしい」と赤ちゃんを投げる修羅場が繰り広げられた。アフガン市民は子供にとって「過酷な未来」が広がることを予想したのだ。

タリバンは極端な女性差別で悪名高い。過去のタリバン統治下で、女性は教育を受ける権利を剥奪され、職業を得る自由を失った。タリバンの規律を破り、鞭打たれたり処刑された女性も多い。

マニキュアを塗った女性の指を切ったり、男性医師に体を見せてはならないという規律のために病気にかかっても放置するなど、家畜以下の扱いを受けたアフガン女性の事例は溢れている。

タリバンはなぜ女性をこのように扱うのか。彼らの思考と哲学は、他のイスラム諸国のそれと何が違うのだろうか。

◆彗星の如く登場したタリバン

人口の99.7%がイスラム教徒のアフガンは正統イスラム国家だ。7世紀、イスラム帝国アッバース朝がこの地域にイスラム教を広めた。

1960年代に共産主義がアフガンに浸透し始めた。共産主義は、イスラム教にとって脅威的な存在だった。冷戦時代、ソ連はキルギスタン・タジキスタン・トルクメニスタンなどを共産化し、隣国のアフガニスタンにも手を伸ばした。

ついに1978年に共産主義勢力の人民民主党がクーデターを起こし、アフガニスタン王国(バーラクザイ王朝)を崩壊させて政権を握った。人民民主党は大々的社会改革に着手した。女性に政治に参加する権利と教育を受ける権利、職業を選択する自由を与えた。親が勝手に娘を結婚させる強制結婚をなくした。顔を完全に覆うブルカも脱ぐようにした。

イスラムの慣習をすっかり無視した措置に、イスラム勢力の怒りは極限に達した。イスラム教徒は共産主義社会への改革に強く抵抗した。西江(ソガン)大学ユーロメナ研究所のパク・ヒョンド研究教授は、「イスラムの世界観において、改革はタブーのようなもの」とし「伝統に反する変化を極度に嫌う集団」と説明した。

イスラム勢力が「ムジャーヒディーン」という軍事組織を作り、共産主義政権に「ジハード(聖戦)」を宣言し、アフガンは内戦に包まれた。1979年にソ連は共産主義政権の要求により、アフガンに侵攻した。米国は、ソ連と戦うムジャーヒディーンを支援した。武器を供給し、軍事教育を支援した。ムジャーヒディーンの粘り強いゲリラ戦に疲弊したソ連は、1989年に撤退した。ソ連撤退後も、政府軍とイスラム反政府勢力間の長い内戦が続いた。

その渦中に、彗星の如く登場した勢力がタリバンだ。タリバンはアフガン最大の民族、パシュトゥーン族の言葉で「学生達」という意味だ。イスラム神学校で原理主義を崇め、勉強した学生だ。

内戦で家と両親を失った貧しいパシュトゥーン族の子供たちは、タリバンの庇護下で教育を受け、戦争に投入された。彼らは、学校でイスラム法と思想教育を受け、ソ連軍と共産主義に向けた復讐心を育てた。当時、彼らが学んだ算数・科学などの教科書は米国が供給した。タリバンは、銃や弾丸、武器を数えながら数を覚えた。「ソ連軍3人のうち1人がタリバン戦士により死亡した。残ったのは何人か」のような例題で足し算や引き算を学んだ。

ソ連軍の撤退後、アフガンでは軍人の横暴が甚だしかった。軍人は通行料・座席料など、ひどい名目で税金を取り立て、人々を搾取した。タリバンはイスラム原理主義によって理想国家を建設するとし、アフガン人の歓心を買った。道路を建設し、地域開発事業を行い、軍人の慢性的な腐敗をなくした。タリバンは、戦争に疲れたアフガン人の心を慰める「スウィートな」存在だった。

1994年10月に登場したタリバンはアフガン国民の熱狂的支持の中、1カ月でアフガン南部の大都市カンダハールを掌握した。2年足らずで首都カブールを陥落し、イスラム国家の建設を宣言した。

◆最も過激なイスラムの伝統を受け継いだタリバン

タリバンは、英国の植民地支配に抵抗したパキスタンのイスラムの伝統を吸収した。更に、1979年のイラン・イスラム革命の影響を防いで勢力を育てたサウジアラビアの宗教理念ワッハーブ派の思想(ワッハービズム)が浸透している。イスラム原理主義の分派であるワッハーブ派は過度な排他主義と深刻な女性差別主義で悪名高い。

タリバンのこのような過激な根幹は政権掌握後、すぐに現われ始めた。タリバンはアフガン全土を掌握しながらシャリーア(イスラム法)を厳しく適用し、非人間的処罰を続けた。殺人犯と姦通犯を公開処刑し、物を盗めば手足を切った。映画や音楽などの芸術活動は、することも楽しむことも禁じた。遊びや余暇活動を制限した。テレビや各種メディアの視聴も禁止した。更に凧上げやチェスのような日常的活動も禁じた。

特に、女性に対してとりわけ残酷で厳しかった。シャリーア自体が女性差別待遇を命じているが、タリバンは程度が酷かった。シャリーアはイスラム経典「コーラン」とイスラムの創設者ムハンマドの言行を記録した本をもとに作られた。しかし、古代の経典だけに、抽象的でシャリーアを日常に適用するためには、律法学者の解釈に依存しなければならない。シャリーアの解釈は、各イスラム国家の習慣、部族の風習によって異なる。同じイスラム国家でも、トルコ人とアフガニスタン人の生活方式は違いが大きい。 「初めての生理は夫の家で迎えよ」タリバンはなぜ女性につらく当たるのか(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「初めての生理は夫の家で迎えよ」タリバンはなぜ女性につらく当たるのか(1)

    2021.09.02 10:06
    뉴스 메뉴 보기
    米軍が置いて行った武器・装備で重武装したタリバン部隊の兵士ら。[SNS キャプチャー]
    TOP