주요 기사 바로가기

米「北朝鮮のミサイル挑発にも新型コロナの人道的支援の立場は変わらない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.26 07:15
0
米国政府は北朝鮮のミサイル挑発にも新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の拡大にともなうワクチン支援など人道的支援の立場には影響がないことを確認した。

25日(現地時間)、米国務省のマーク・ランバート韓日担当副次官補はジョー・バイデン米国大統領の韓日歴訪に関連した記者会見で北朝鮮の前日の大陸間弾道ミサイル(ICBM)挑発によって北朝鮮に対する人道的支援が影響を受けるかとの質問に「最近の挑発にも米国の立場は変わらない」と答えた。

ランバート副次官補は「米国は新型コロナに関連して北朝鮮へのワクチン支援を含んで人道的支援に対する支持の立場を維持する」と説明した。

ランバート副次官補は北朝鮮の前日のICBM発射に関連「北朝鮮は最近まで合わせて23発の弾道ミサイルを発射した」として「これは国連安保理決議案の違反であり、アントニー・ブリンケン国務長官がこれに関して韓国の朴振(パク・ジン)外交長官および日本の林芳正外相と電話会談を行った」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米「北朝鮮のミサイル挑発にも新型コロナの人道的支援の立場は変わらない」

    2022.05.26 07:15
    뉴스 메뉴 보기
    米国務省のマーク・ランバート韓日担当副次官補[中央フォト]
    TOP