주요 기사 바로가기

BTS・TWICEもここでヒットした…「KCON」の主人公はK-POPの新しい担い手(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.23 11:35
0
公演技術の発展も成長に一助した。この日、ロサンゼルスの行事に参加したファンたちはシカゴで公演しているアーティストと生中継でお互いにコミュニケーションをとるチャンスを得た。シカゴで司会を務めたBTOBのソ・ウングァンとNMIXXのへウォンがロサンゼルス会場にスポットライトをあてると、両都市に集まったファンたちは同時にペンライトを振りながら歓呼した。この日の公演にはBTOB・CRAVITY・NMIXXが出演して舞台を飾った。21日(現地時間)にはBTOB・STAYC・TO1などが出演する。

ファンたちは公演が終わった後にもなかなか席を離れることができなかった。彼らはフォトゾーンに置かれたサインペンで「BTS」など好きなグループ名を書いて残念な気持ちをなだめた。K-POPの熱い人気に対してLALARAYのリーダー、エディ(23)は「K-POPのように音楽や振りつけ・衣装・ヘア・メーキャップ・ミュージックビデオなどすべての要素が一つになるジャンルはないと考える」として「米国の他の音楽と差別化がはっきりと見える総合芸術」と話した。エディは2018年MBC(文化放送)アイドルオーディション番組『UNDER NINETEEN』に参加するほど情熱的なK-POPファンだ。

KCONは過去10年間、新人アーティストの海外進出の「登竜門」として役割を果たしてきた。『BTS読み取り』の著者キム・ヨンデ氏、ビルボードポップコラムニストのジェフ・ベンジャミン氏などはBTSが米国で注目を集め始めたのも2014年ロサンゼルスKCONの時からだと分析する。先月、日本東京ドームの3回連続の公演記録を塗り替えたガールズグループTWICE(トゥワイス)が日本で初めて立った舞台もKCONだった。JYPが日本で公開したガールズグループNiziUは今年ソウルKCONに登場して初めて韓国観客に会った。

今年2年ぶりにオフライン行事が開かれ、人気はいつにもまして熱かった。CJ ENMによると、7~8日ソウルを皮切りに14~15日日本東京、20~21日米国シカゴとロサンゼルスまで3週間にかけて開かれた会場に約5万人の観客が集まった。多数のオンラインチャンネルを通じてKCONの事前イベントを楽しんだ有料・無料観客は全世界171地域の600万人余りに達する。韓国国内でもTVINGを通じて生中継された。

CJ ENMは今後も単独コンサートの開催が難しい新人K-POPアーティストを発掘して海外に紹介する架け橋の役割を果たす計画だと明らかにした。キム・ソンボム・チーム長は「BTSだけでなくTWICE・Stray Kids・Monsta Xなど多数のグローバルK-POPアイドルがKCONを経験した」として「今後KCONはK-POPを含んで様々な韓国の中小企業を海外に広く知らしめるK産業の先駆者として役割を果たすだろう」と話した。CJ ENMは8月ロサンゼルス、10月東京でKCONをそれぞれ開催する予定だ。 BTS・TWICEもここでヒットした…「KCON」の主人公はK-POPの新しい担い手(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BTS・TWICEもここでヒットした…「KCON」の主人公はK-POPの新しい担い手(2)

    2022.05.23 11:35
    뉴스 메뉴 보기
    K-POP男女混合グループLALARAYが20日、「KCON 2022 Premiere Viewing Party in LA」で参加者にLE SSERAFIMの『FEARLESS』の振りつけを教えている。[写真 CJ ENM]
    TOP