주요 기사 바로가기

バイデン大統領警護担当の米国土安保省職員、酒に酔って市民に暴行

ⓒ 中央日報日本語版2022.05.21 09:35
0
米政府職員が酒に酔って韓国人の市民に暴行を加えた疑いで、警察の調べを受けている。

ソウル龍山(ヨンサン)警察署は米国土安全保障省所属の30代後半の職員Aを暴行容疑の加害者として取り調べを行っている。

ソウル龍山区のグランドハイアットソウルで宿泊中のAは19日午前4時20分ごろ、ホテルの前で韓国人男性Bとタクシー乗降車問題でもみ合いになった。酒に酔っていたAはBの首元を一度押すなど暴行を加えた疑いだ。

Aが属する米国土安全保障省は大統領の警護を担当する。Aは20日に訪韓したバイデン大統領が宿泊するホテルに先に入っていた。ただ、Aはバイデン大統領の訪韓日程と関係がある職員かどうかは確認されていない。

警察は「加害者と被害者から聴取している。身元照会をさらに進めている」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    バイデン大統領警護担当の米国土安保省職員、酒に酔って市民に暴行

    2022.05.21 09:35
    뉴스 메뉴 보기
    ソウル龍山警察署 中央フォト
    TOP