주요 기사 바로가기

韓国の有名シェフ、「暴行・凶器脅迫」で不拘束起訴

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.28 15:31
0
韓国の有名シェフ、チョン・チャンウク氏(42)が知人を暴行して凶器で脅した容疑で起訴された。

28日、法曹界によると、ソウル中央地検刑事3部(ソ・ジョンシク部長検事)は26日、シェフのチョン氏を特殊脅迫・暴行容疑で不拘束起訴した。

これに先立ち、チョン氏は昨年8月、個人YouTube映像の撮影のために米国ハワイを訪問した当時、撮影を補佐した一行に暴行を加えた容疑がもたれている。チョン氏は拳で被害者を殴り、キッチンにあった凶器で脅したという。

被害者AさんとBさんは芸能メディア「Dispatch(ディスパッチ)」や自身のYouTubeチャネル等を通して事件当日の具体的な状況を伝えたことがある。

AさんとBさんはチョン氏とハワイに住む知人の家でYouTubeコンテンツを撮影し、宿舎に戻った後、チョン氏がウイスキーを飲んだ後に急変して暴行を加えたと主張した。2人の陳述によると、チョン氏は胸部を殴り、包丁の先を顔の前30センチまで近づけて暴言と脅迫を浴びせた。

あわせてチョン氏が包丁を壁や食卓などに突き立てながら威嚇したとし、該当の写真を証拠として公開した。公開された写真のうち、壁と食卓にははっきりと包丁の痕が残っていた。

Aさんは「まだその日の恐怖で不安を感じている」とした。Bさんは「凶器を突きつけながら暴言を吐いて威嚇した」とし、事件後は不眠症などで精神科治療を受けていると明らかにした。

Bさんは昨年9月特殊傷害、特殊脅迫、特殊中監禁、特殊中監禁致傷などの容疑でチョン氏を告訴し、Aさんも同年11月、同じ容疑でチョン氏を告訴した

事件を捜査した警察はチョン氏を今年1月26日、検察に送検した。

検察送検のニュースが報道されるとチョン氏はこの日YouTubeチャネルのコミュニティ掲示板に謝罪文を上げた。

チョン氏は「明らかに私の間違いだ。当事者の2人には深くお詫びの言葉を申し上げる。当時2人が経験した恐怖などは相当なものだったと思う」とし「事件後も当事者に簡単なお詫びの表示しかせず、後処理も皆無だった。大変なことをしながらも『皆、理解してくれるはず、これくらいならいいだろう』という危険なことを考えた。暴言を吐き暴力的に行動しながら、これを当然のように考えて生きてきたことが情けない。申し訳ない」と明らかにした。

続いて「メディアで見せていた私は作られた、加工された私だった。私は臆病者だった。一生を自分勝手に生きてきた」とし、被害回復のために努力する考えで、警察の取り調べに誠実に臨むと付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP