주요 기사 바로가기

尹政府初の韓米首脳会談にワシントン外交大物が提言…CSISのヘイムリ所長(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.19 10:58
0
21日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)政府初の韓米首脳会談は今後の外交の羅針盤となる。尹大統領とジョー・バイデン大統領が礎石をどのように築くのかによって韓半島(朝鮮半島)外交の設計図が描かれるためだ。

これまで韓米関係を見守り続けた外交の大物2人に話を聞いてみた。戦略国際問題研究所(CSIS)のジョン・ヘイムリ所長とヘリテージ財団設立者のエドウィン・フルナー会長だ。ヘイムリ氏もフルナー氏も尹政権のスタートに期待を寄せつつ「今回の初の米韓首脳会談で1つ目のボタンをきちんと留めなければならない」と強調した。インタビューは今月初め、ワシントンDCで行われた。

韓米同盟に寄与した功労が大きい人々を選んで授けるヴァン・フリート賞の今年の受賞者リストは疑問を呼んだ。受賞者の資格のせいではなく、彼らがまだ受賞者ではなかったという事実のせいだった。主人公は米戦略国際問題研究所(CSIS)のジョン・ヘイムリ所長。豊山(プンサン)グループとヴァン・フリート賞を共同受賞したヘイムリ氏は韓米関係に関する有名な核心専門家だ。中央日報と毎年行っているフォーラムでも彼の鋭い洞察力は光を放ってきた。ヘイムリ氏は尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の初の韓米首脳会談に対して「バイデン政府は新たにスタートした韓国政府に安心している」としつつ次のような助言を伝えた。

--今回の韓米首脳会談の核心は何だと思うか。

「現在ワシントンDC(当局者)の雰囲気はこうだ。尹錫悦政府に対して相当な安心(comfortable with)を感じている。尹大統領が外交・安保政策に関連して表明したアジェンダとその基調が米国と合致するためだ。米韓関係は非常に強固で、これをより一層固めていくという尹大統領の意志を歓迎する。バイデン大統領側も尹大統領側も良い会談に高い期待(anticipate)を寄せている。尹大統領の外交政策アジェンダを見ると大きな野心が見て取れるが、これを成就するためはもちろん時間もかかるが米韓関係が強固ならば成し遂げられないこともない。今回の首脳会談において、中身のない口先だけの(superficial)期待は表わす必要がない。良い会談になる」 尹政府初の韓米首脳会談にワシントン外交大物が提言…CSISのヘイムリ所長(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    尹政府初の韓米首脳会談にワシントン外交大物が提言…CSISのヘイムリ所長(1)

    2022.05.19 10:58
    뉴스 메뉴 보기
    米戦略国際問題研究所(CSIS)のジョン・ヘイムリ所長。[写真 ビョン・ソング記者]
    TOP