주요 기사 바로가기

「変異株まで一度に、6カ月間予防」…コロナ2価ワクチン、「韓国も接種計画を急ぐべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.19 10:54
0
新型コロナのオミクロン株流行はピークを過ぎたが、次の流行に備えて新型コロナワクチン接種計画を急ぐべきだという主張が出ている。下半期の接種計画を立てる時には今よりもワクチンの選択肢がさらに広がるという期待感が高まっている。変異株に対応する新しいワクチンが開発されているからだ。

英フィナンシャルタイムズ(FT)など海外メディアによると、ひとまずモデルナ側は変異株に効果がある2価(抗原2つ)ワクチンを年内に出す可能性が高い。FTは最近の報道で「モデルナは2価ワクチンの需要が下半期のコロナワクチン販売を増やすだろう」と伝えた。モデルナのポール・バートン最高医療責任者はメディアのインタビューで「今年秋までにオミクロン株と別の変異株から保護する新しいブースターワクチンを大量に保有できると確信している」と述べた。

2価ワクチンとは現在のワクチン開発に使用された最初の新型コロナウイルスだけでなく、オミクロン株やベータ株など2つの異なる抗原を利用したものだ。オミクロン株を含む2価ワクチンの臨床データは6月ごろ出る予定で、4月にはベータ株基盤の2価ワクチンに関する臨床結果が出ている。当時オミクロン株など変異株予防に効果的な抗体反応が表れた。特に現在ブースターショットに使われている従来のモデルナ製ワクチンよりオミクロン株中和抗体価力価数値が2倍以上高く、接種6カ月後まで予防効果を見せた。

ただ、必ず変異株対応用ブースターショットを追加で接種すべきかどうかについては意見が分かれる。FTは「一部では、従来のワクチンが深刻な病気と入院からの保護を引き続き提供するという声もある」とし「米食品医薬品局(FDA)が6月に会議を開き、今後のブースター戦略と2価ワクチンの秋までの承認などについて議論する予定」と伝えた。

米国では最近、変異株が広がり、昨年夏にデルタ株が拡大した当時ほど患者が増えている。米疾病対策センター(CDC)などによると、先週の一日平均感染者数は約9万人で、3月の3倍を超える。デボラ・バークス元ホワイトハウスコロナ調整官は今月初め、CBS「フェイス・ザ・ネーション」に出演し、再流行の間隔を4-6カ月と予想し、「自然免疫力が4-6カ月で弱まり、今年また流行するだろう」と述べながら対応の必要性を強調した。CNNは「60%の成人と75%の子どもが新型コロナに感染して抗体を持っているが、専門家らは『これが未来の感染保護のために何を意味するかは不明であり、このためにCDCはワクチン接種を最新状態で維持することが依然として重要だ』と話している」と伝えた。

韓国国内でも秋の再流行が既成事実化される雰囲気であり、接種計画を急ぐべきだという指摘が出ている。高麗大九老病院の金宇柱(キム・ウジュ)感染内科教授は「秋・冬の流行は避けられないというのが大半の意見であり、海外の開発動向をよく把握し、どんなワクチンを誰に接種するのか計画を早期に立てる必要がある」とし「オミクロン株を含む2価ワクチンの臨床結果が出れば、従来の1価ワクチンとの効能差を見て決めるべき」と述べた。金教授は「従来のワクチンを接種してもT細胞(免疫細胞)は広い範囲に反応するという研究が出ているだけに、1価ワクチンで接種してもよいという意見がある」としながらも「再流行する新しいウイルスが武漢株のような抗原性を持つこともあり、2価ワクチンが有利かもしれないため、よく考慮しなければいけない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「変異株まで一度に、6カ月間予防」…コロナ2価ワクチン、「韓国も接種計画を急ぐべき」

    2022.05.19 10:54
    뉴스 메뉴 보기
    大田(テジョン)ワールドカップ競技場前の新型コロナ選別診療所 キム・ソンテ記者
    TOP