주요 기사 바로가기

『イカゲーム』俳優イ・ジョンジェ、演出デビュー作でカンヌへ…韓国映画5編、出品作に選定(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.17 11:01
0
映画祭の花とされるコンペティション部門には韓国と日本の巨匠監督がそれぞれ手掛けた多国籍韓国映画2編が招待された。パク・チャヌク監督の『Decision to Leave』、是枝裕和監督の『ベイビー・ブローカー』だ。昨年、コンペティション部門に出品できなかった心残りを晴らした。

パク・チャヌク監督は『Decision to Leave』で『お嬢さん』以降6年ぶりにカンヌのコンペティション部門に復帰した。パク監督は2004年映画『オールド・ボーイ』で初めて招待されてグランプリを受賞し、その後コンペティション部門の招待だけで4回目だ。『Decision to Leave』は変死事件の担当刑事が死亡者の妻と絡まった捜査ロマンス物で、俳優パク・ヘイルと中国女優の湯唯が主役を演じた。

『ベイビー・ブローカー』は是枝監督が俳優ソン・ガンホ、俳優カン・ドンウォン、女優ペ・ドゥナ、女優イ・ジウン(IU)、女優イ・ジュヨンなど韓国俳優と韓国語で撮影した映画だ。「赤ちゃんポスト」に置いて行かれた赤ちゃんを取り戻すために違法養子縁組ブローカー、赤ちゃんの実母、刑事などが釜山(プサン)からソウルまでの旅程を描いたロードムービーだ。

イ・ジウンは初めての商業映画出演作でカンヌ映画祭にデビューすることになった。

『ベイビー・ブローカー』で是枝監督と『空気人形』(2009年カンヌある視線部門)以降再会したペ・ドゥナは今年批評家週間のクロージング作品『次のソヒ』まで、出演作2編をカンヌ映画祭に進出させた。『次のソヒ』はペ・ドゥナが出演した長編デビュー作『ドヒよ』で2014年ある視点に招かれたチョン・ジュリ監督の2作目の長編だ。

俳優オ・グァンロクもフランス映画出演作『All the People I’ll Never Be』である視点部門を訪ねる。カンボジア界フランス監督ダビ・チュウが韓国系養子を題材にした。ムン・スジン監督のアニメーション『GAKJIL』は韓国アニメーションで初めて今年カンヌ映画祭の短編コンペ部門に招かれた。

今年開幕作はフランスのミシェル・アザナヴィシウス監督のゾンビコメディ『Final Cut(英題)』で、日本映画『カメラを止めるな!』(2017)のフランス版リメイク作だ。開幕式では米国俳優フォレスト・ウィテカーが功労賞を受ける。 『イカゲーム』俳優イ・ジョンジェ、演出デビュー作でカンヌへ…韓国映画5編、出品作に選定(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    『イカゲーム』俳優イ・ジョンジェ、演出デビュー作でカンヌへ…韓国映画5編、出品作に選定(2)

    2022.05.17 11:01
    뉴스 메뉴 보기
    俳優パク・ヘイルと女優湯唯が出演したパク・チャヌク監督の新作映画『Decision to Leave』
    TOP