주요 기사 바로가기

「北京封鎖」への恐怖…ウォン相場、1ドル=1250ウォンを突破

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.27 06:54
0
ウォン相場の防衛線と見なされた1ドル=1250ウォンを25カ月ぶりに突破した。ドル高が進みウォン相場はコロナ禍初期の2020年初め水準に急落した。米連邦準備制度理事会(FRB)の高強度な緊縮の動きに中国・北京の封鎖への懸念が重なり安全資産選好心理が強くなった影響と解説される。

26日のソウル外国為替市場でウォン相場は前日終値の1249.90ウォンより0.9ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1250.80ウォンで取引を終えた。2020年3月23日の1266.5ウォンから2年1カ月ぶりのウォン安水準だ。特に大引け直前には1251.20ウォンまで急落し、22日から3営業日連続で取引時間中に年初来安値を更新した。

この日ウォン相場の心理的抵抗線とされる1ドル=1250ウォンを突破したのは中国の「北京封鎖」の恐怖が大きかった。新型コロナウイルスの感染拡大で北京も上海のように封鎖措置が長期化すれば中国経済だけでなく世界の景気にも打撃を与えかねないからだ。

最近グローバル機関と投資銀行は相次ぎ中国の成長見通しを引き下げている。国際通貨基金(IMF)は今年の中国の成長率を4.8%から4.4%に下方修正し、JPモルガンとUBSなども0.3~0.8ポイント低くした4%前半を予想する。

新韓銀行のエコノミスト、ペク・ソクヒョン氏は「世界の工場である中国の封鎖の余波で投資心理が萎縮しドルが上がった。ここに韓国の対中依存度が高いだけにウォン安の圧迫要因として作用し下落幅が大きくなった」と話した。

また、米国が予想より速いスピードで金利を上げる可能性があるという点もドルの価値を引き上げている。市場は来月3~4日の連邦公開市場委員会(FOMC)会議でFRBが基準金利を0.5%引き上げる「ビッグステップ」を踏む見通しにウェイトを置いている。また、一気に金利を0.75%上げる「ジャイアントステップ」の可能性まで言及され、ドル高傾向が続いている。

ユーロや円など主要6通貨に対するドルの価値を反映するドルインデックスは25日に101.76で前日より0.54%上がった。ドルインデックスも2020年3月からの2年余りで最も高い水準だ。

外為市場専門家らは当分ドル高の流れが続き、1ドル=1270ウォン台までウォン安が進むとみた。キウム証券のキム・ユミ研究委員は「FRBの緊縮の動きと中国・北京封鎖の懸念が重なり短期的にウォン相場は1ドル=1270ウォンまで急落の可能性がある」と話した。ペク・ソクヒョン氏も「中国封鎖が早期に解決されないかもしれないという不安感がウォン安を圧迫するだろう」と予想する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「北京封鎖」への恐怖…ウォン相場、1ドル=1250ウォンを突破

    2022.04.27 06:54
    뉴스 메뉴 보기
    ウォン。[中央フォト]
    TOP