주요 기사 바로가기

金融市場揺れる…ウォン相場1ドル=1230ウォン、KOSPI2600ポイント台

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.08 11:37
0
8日のウォン相場はウォン下落で始まり、取引時間中に1ドル=1230ウォンまでウォン安が進んだ。

この日9時2分現在、ソウル外国為替市場では前日終値より5.20ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1232.30ウォンで取引されている。この日の市場は前日より4.90ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1232.00ウォンから取引を開始し、ドル高傾向を維持している。

ウォン相場が取引場で1230ウォン台まで値を下げたのはコロナ禍直後の2020年5月末から1年9カ月ぶりだ。

ドルはロシアのウクライナ侵攻によりエネルギー・原材料価格が上がり、スタグフレーションへの懸念が大きくなるにつれ強さを見せている。

この日韓国総合株価指数(KOSPI)は下落傾向で出発した。午前9時2分現在KOSPIは前営業日より44.16ポイント(1.67%)下落の2607.15だ。

同じ時間のKOSDAQ指数は前日より16.48ポイント(1.87%)低い865.06を示している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP