주요 기사 바로가기

ウクライナ「日本に心から謝罪、友好的な日本の人々を怒らせる意図なかった」

ⓒ 中央日報日本語版2022.04.26 11:52
0
ウクライナ政府が宣伝映像に日本の裕仁(昭和)天皇、ナチスドイツ総統ヒトラー、イタリア首領ムソリーニの写真を並べて載せた後、日本ネットユーザーの抗議を受けて削除した。

25日(現地時間)の毎日新聞によると、ウクライナ政府はこの日、公式ツイッターに「友好的な日本の人々を怒らせる意図はなかった」として謝罪した。

ウクライナ政府はツイッターに掲載した宣伝映像で、ウクライナ侵攻を正当化するロシアの理念を「ロシズム」とし、これに対抗して戦う意志を明らかにした。

ところで映像開始から1分10秒後、「ファシズムとナチズムは1945年に敗北した」という文字と共にヒトラー総統、ムソリーニ首領、裕仁天皇の顔の写真が並んで登場した。

自民党外交部会の佐藤正久会長は日本外務省がウクライナ政府に抗議するよう促したと、前日にツイッターで明らかにした。この日、日本政府も外交チャンネルで天皇の写真を削除するようウクライナ側に公式要請したと確認した。

新しく載せられた映像では裕仁天皇の写真は消え、ムソリーニとヒトラーの写真だけが並んでいた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ウクライナ「日本に心から謝罪、友好的な日本の人々を怒らせる意図なかった」

    2022.04.26 11:52
    뉴스 메뉴 보기
    ウクライナ政府が公式ツイッターに載せた映像の一場面に、日本帝国の昭和天皇(右)、ナチスドイツの総統ヒトラー(真ん中)、イタリア王国の受賞ムソリーニ(左)が並んで見える。 [写真=ウクライナ政府ツイッター キャプチャー]
    TOP