주요 기사 바로가기

韓国外交長官候補「慰安婦問題に最も重要なのは被害者の名誉と尊厳の回復」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.20 16:03
0
韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官候補者が20日、旧日本軍慰安婦問題に関連し「最も重要なのは被害者の名誉と尊厳を回復することであり、韓日が共に努力する必要がある」と述べた。

朴氏はこの日、ソウル鍾路区(チョンノグ)人事聴聞準備事務室に出勤する際、取材陣から2015年の慰安婦合意に対する尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の立場を尋ねられると、「慰安婦合意は韓日間の公式合意であり、現在の文在寅(ムン・ジェイン)政権もそれは認めている」とし、このように答えた。

24日に日本を訪問する韓日政策協議団が岸田文雄首相と会う可能性はあるかとの質問には、「すべての可能性を開いて現在協議していると把握している」と述べた。

中国に政策協議団を送る可能性については、中国の新型コロナ封鎖状況に言及しながら「中国国内の状況と条件を見て検討すると聞いている」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国外交長官候補「慰安婦問題に最も重要なのは被害者の名誉と尊厳の回復」

    2022.04.20 16:03
    뉴스 메뉴 보기
    朴振(パク・ジン)外交部長官候補者
    TOP