주요 기사 바로가기

韓国文化体育観光部長官候補「天皇祝宴への出席、歴史歪曲の現場取材だった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.19 06:40
0
韓国の朴普均(パク・ポギュン)文化体育観光部長官候補側は、8年前に天皇誕生日の祝宴に出席したという疑惑に対して18日、「当時、朴氏は中央日報論説委員で、安倍政権の歴史わい曲などを集中的に取材していた」とし「現場取材の一環だった」と説明した。

文化体育観光部長官候補の人事聴聞会準備団は「日本人がどのように天皇誕生日を扱うのか、日本の軍国主義の痕跡が作動し続けているのかを確認するために現場に行った」とし「現場確認は記者の基本的かつ常識的な取材姿勢」と説明した。

朴候補側は「朴氏は取材直後の2014年1月、中央日報に『安倍首相の歴史挑発に、松陰の影がちらつく』という大型ルポ記事を集中報道した」とし「松陰の征韓論がどのように安倍氏の狡猾な歴史挑発に注入されたのかを分析報道し、日本の歴史歪曲(わいきょく)のルーツを追跡報道した」と明らかにした。

 
人事聴聞会準備団は「候補の現場主義取材精神を悪意的に歪曲した」とし、これを正さない場合、言論仲裁などに出ると話した。

これに先立ち、一部のメディアは共に民主党の田溶冀(チョン・ヨンギ)議員室を引用し、朴候補と韓悳洙(ハン・ドクス)首相候補が2013年5日ソウル中区小公洞(チュング・ソゴンドン)のロッテホテル2階で開かれた明仁天皇の79歳の誕生日パーティーに出席したと報じた。

当時、韓候補は韓国貿易協会の会長、朴候補は中央日報論説委員だった。

韓候補の人事聴聞会準備団は「両国の歴史を考える時、見る視角によっては適切ではないと思われる場合もあるかもしれない」としながら「両国の貿易規模を考える時、韓国企業の利益を代弁する韓国貿易協会会長として避けられない選択だった」と了解を求めた。

人事聴聞会準備団は「韓国政府で毎年外交部第1次官をこの行事に派遣することも同じ悩みが含まれている」とし「2017年には文在寅(ムン・ジェイン)政府の林聖男(イム・ソンナム)外交部第1次官が出席し、2018年にはチョ・ヒョン外交部1次官が祝辞を述べた」と付け加えた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国文化体育観光部長官候補「天皇祝宴への出席、歴史歪曲の現場取材だった」

    2022.04.19 06:40
    뉴스 메뉴 보기
    安倍晋三氏の歴史観を追跡した企画記事。韓国の朴普均(パク・ポギュン)文化体育観光部長官候補が中央日報論説委員として在職中だった2014年1月18日に掲載された。
    TOP