주요 기사 바로가기

日本ネット「ドラマ『パチンコ』は完全虚構」…徐ギョン徳氏「加害の歴史が知られるのが怖いか」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.04 15:33
0
韓国広報専門家で誠信(ソンシン)女子大学の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が在日コリアンの受難史を描いたApple TV+のオリジナルシリーズ『Pachinko パチンコ』(以下、『パチンコ』)に対する日本ネット上の非難に「日本の加害の歴史が世界に知られるのではないかと恐れている」と指摘した。

徐教授は4日、ソーシャルメディア(SNS)に『パチンコ』のポスター写真と共に「ドラマ『パチンコ』に外信の好評が続々と届く中で、日本の一部のネット上では歴史歪曲(わいきょく)だとして非難している」と明らかにした。

徐教授は「パチンコは同名のニューヨーク・タイムズのベストセラー図書を原作にした作品で、日帝強占期当時の日本の蛮行と在日同胞問題を扱っている」とし「特に日本の米騒動、強制徴用、日本軍慰安婦など日帝の弾圧を受けた朝鮮人の様子、日本に渡っていった人々に起きた関東大地震虐殺など歴史的事実をドラマの中に自然に描写した」と好評した。

徐教授は「それでも日本の一部ネットユーザーはSNSを通じて『韓国が新しい反日ドラマを世界に伝送した』『日韓併合は韓国経済の成長に大きく役立った』などあきれるような非難を浴びせている」とし「これはグローバルOTT(オンライン動画サービス)を通じて日本の加害の歴史が世界に知られるのではないかと恐れている現象」とした。

続いて「昨年『イカゲーム』の世界的人気を通じて国境の壁を崩すOTTの力を私たちは経験した」とし「日本のネットユーザーもこれをよく知っているので恐れている様子」と分析した。

また「日本国内の主要メディアはドラマそのものの評価を保留にしていて、Appleジャパンは1000億ウォン(約101億円)も投じて製作したこのドラマの予告篇を日本国内では公開しないなど広報を自制している」とし「『パチンコ』の世界的なブームが日本の加害の歴史を世界の人にしっかりと知らせるために大きな助けになるよう願う」と付け加えた。

先月25日Apple TV+で公開された『Pachinko パチンコ』はニューヨーク・タイムズ選定ベストセラーとして2017年全米図書賞の最終候補作に残った在米僑胞のミン・ジン・リー作家の同名の小説をドラマ化した多国籍プロジェクト作品だ。

日帝強占期で迫害されていた朝鮮人や解放後に差別の対象になった在日同胞の様子を描いている。日本軍慰安婦、関東大地震当時の朝鮮人虐殺などは全面的には扱っていないが、朝鮮人の日常が随所に散りばめられている。

パチンコは公開直後、海外からの好評が相次いだ。英国BBCは「まぶしい韓国の叙事詩」と評価し、英国NMEも「今年最高の韓国ドラマ」と好評した。

反面、日本ではSNSを中心に「完全な虚構」「詐欺」といった主張がある。日本のネット上では「『パチンコ』の内容は偽り」としながら公式SNSに抗議する掲示文を載せたりもした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本ネット「ドラマ『パチンコ』は完全虚構」…徐ギョン徳氏「加害の歴史が知られるのが怖いか」

    2022.04.04 15:33
    뉴스 메뉴 보기
    オリジナルシリーズ『Pachinko パチンコ』。[写真 Apple TV+]
    TOP