주요 기사 바로가기

「在来式戦略」守ったプーチンの屈辱…兵器4倍、兵力5倍失った

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.20 09:39
0
ウクライナ戦争が4週目に入りロシア軍の戦力損失が増えている。これによりロシアがウクライナに追加兵力を投じる可能性があるという報道が出てきた。

◇開戦22日目…「1380vs362」ロシア軍の戦力損失甚大

民間軍事専門メディア「オリックス」が16日に伝えたところによると、先月24日のウクライナ侵攻からこの日までロシア軍は軍事装備・兵器1380台を失ったことが把握された。このうち戦車は233台、装甲車・歩兵車351台、地対空ミサイル32基、ヘリコプター32機などだ。これに対しウクライナ軍はロシア軍の4分の1水準である362台を失ったと集計された。戦車66台、装甲車・歩兵車89台、地対空ミサイル11機、ヘリコプター1機などだ。オリックスは開戦初期からソーシャルメディア(SNS)などに上げられた写真と映像を基に、ロシア軍とウクライナ軍の兵力損失規模を追跡しこうした数値を報道している。

ロシア軍の兵士の損失も相当に上ることがわかった。ニューヨーク・タイムズは16日、複数の米軍事情報当局者の話として、ロシア軍の死亡者を約7000人と推定した。これはメディア報道と、攻撃を受けた戦車部隊の映像、衛星写真などを総合し保守的に推定した数値という。ロシアが主張する自国軍の死亡者数498人とウクライナが推定する1万3500人の中間水準だ。7000人ならアフガニスタン戦争20年間に死亡した米軍の数よりも多いと同紙は伝えた。ウクライナ大統領府によると侵攻後にウクライナ軍では1300人余りが命を失った。

さらにロシアの負傷兵は1万4000~2万1000人と推定される。ウクライナ軍に捕まった捕虜まで合わせると兵力損失は死亡者推定値の3~4倍に達するものと観測される。同紙は「単一部隊で死亡者・負傷者の割合が10%に達すれば戦闘関連任務の遂行が不可能になる」という米国防総省関係者の話としてロシア軍の戦闘実行力が後退している状況だと分析した。西側情報当局はウクライナにロシア軍17万人が投入されたとみている。これは2008年のジョージア侵攻当時にロシアが投じた兵力7万人の2.5倍に達する。当時戦死した兵力は67人で今回の戦争の100分の1水準だ。

◇ロシア、外国人傭兵中心の増援軍投入を検討

ウクライナ軍の抵抗で物的・人的被害を受けたロシア軍はウクライナに2次兵力を投じ攻撃作戦を遂行するという観測が提起される。特に外国人で構成された傭兵部隊を動員する可能性が議論される。国際戦略研究所のベン・バリー博士はテレグラフに「ロシアは予期しなかった苦戦を体験し十分な兵力を確保しようとするだろう。外国人戦闘兵はロシアの徴集兵より自国内議論が少なく、実戦経験が豊富という長所があるため彼らが増援軍として有力だ」と話した。これに伴い、テレグラフはロシアの民間軍事会社(PMC)ワグナーグループ所属の傭兵、ラムザン・カディロフ率いるチェチェン民兵隊、シリア人戦闘員、アルメニア地域兵力、ロシア太平洋艦隊などをロシア軍の支援軍候補として提起した。

専門家らはロシア軍が今回の戦争で歩兵中心の軍事戦略を守っており戦闘で苦戦していると分析した。バリー博士は「過度に大きな規模の戦術軍大隊と比較し補給品調達支援が不足し兵站に問題が起きている。実際に最前方で進軍が停滞した兵力がどの程度なのかも把握しにくい状況」と話した。韓国軍事研究所のソン・サンドク教授も「今回の戦争でロシア軍の被害規模は現代戦争の中で最も大きい。現代戦は兵器技術の発達で人命被害を最小化しようとする傾向があるが、ロシア軍は今回の戦争を現代式ではなく在来式で行っており死傷者がとても多い」とした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「在来式戦略」守ったプーチンの屈辱…兵器4倍、兵力5倍失った

    2022.03.20 09:39
    뉴스 메뉴 보기
    プーチン
    TOP