주요 기사 바로가기

サムスン電子、東南アジアのスマホ市場で1位奪還…アップル大躍進

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.11 13:31
0
韓国のサムスン電子が中国スマホメーカーOPPOを抜いて東南アジアのスマートフォン市場1位を奪還した。

11日、市場調査会社カウンターポイントリサーチによると、サムスン電子は昨年東南アジア主要4カ国(インドネシア・タイ・ベトナム・フィリピン)でシェア20.7%で1位を占めた。前年比0.9%上昇した。昨年1位だったOPPOは同じ期間1.2%ポイント下落した19.9%で2位に落ちた。次いでVivo(17%)、シャオミ(小米)(15%)、リアルミー(Realme)(12.5%)の順だった。

シニアリサーチ・アナリストのGlen Cardoza氏は「サムスンは昨年中盤にベトナム工場の生産支障で出荷に問題を生じていたが、下半期にシェアを再び回復した」とし「ギャラクシーAシリーズが核心だった」と明らかにした。

サムスン電子がこの地域で1位を奪還したが、中国ブランドとアップルの躍進が目立っていた。特にシャオミとアップル・リアルミーは昨年東南アジア4カ国で販売量が史上最大を記録していた。シャオミは下半期に部品不足で振るわなかったが、年間販売量は前年比17%のびた。アップルはiPhone12・13シリーズが興行して同じ期間68%増加した。特にベトナム市場でiPhone販売量が前年に比べて119%のびたシェア9%で、サムスン(34%)とOPPO(19%)、シャオミ(13%)・Vivo(11%)に続き5位に入った。

一方、昨年東南アジア4カ国のスマートフォン販売量は前年比5%増となる9600万台で1億台に接近したことが分かった。平均販売単価(ASP)も上昇傾向にある。2020年この地域で販売されたスマートフォンのうち55%が150ドル(約1万7400円)未満の価格のものだったが、昨年にはこれが38%に減った。

Cardoza氏は「今年の東南アジアのスマートフォン市場は観光客と雇用増加に伴う購買心理の改善、5G市場の拡大と通信事業者間の競争、スマートフォンアップグレードに対する需要などで前年比5%増加するだろう」と展望した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン電子、東南アジアのスマホ市場で1位奪還…アップル大躍進

    2022.02.11 13:31
    뉴스 메뉴 보기
    2020~2021年東南アジアの主要4カ国(インドネシア・タイ・ベトナム・フィリピン)スマートフォン市場のシェア。[写真 カウンターポイントリサーチ]
    TOP