주요 기사 바로가기

文在寅大統領、日本の佐渡金山世界遺産登録推進に「懸念される残念なこと」

ⓒ 中央日報日本語版2022.02.10 12:03
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本の佐渡金山の世界遺産登録推進に懸念を示した。

文大統領は10日、世界7大通信社が合同で進めた書面インタビューで佐渡金山と関連し、「過去史問題解決と未来指向的関係発展を模索しなければならないタイミングで懸念される残念なこと」と話した。

文大統領は「韓日間で解決すべき懸案を外交的に解決しようと努力したがまだ接点を設けられず残念だ。過去史問題の本質は人類の普遍的価値である人権の問題であり、問題解決に向けては被害者が受け入れられる解決法がなければならない。これは国際社会で確立された原則」と話した。

続けて「被害者が納得できる解決策を見つけ、真の和解を図るためには何よりも歴史の前に誠意ある姿勢と気持ちが最も重要だ」と話した。

文大統領は「過去史問題の進展に向けた対話努力とともに韓日間の未来協力課題を強化すべき必要性がさらに増大している。日本の首相との疎通は常に開かれているという立場に変わりはない」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文在寅大統領、日本の佐渡金山世界遺産登録推進に「懸念される残念なこと」

    2022.02.10 12:03
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領
    TOP