주요 기사 바로가기

北朝鮮、年初から各種ミサイル発射…「迎撃困難」総合セット

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.27 15:23
0
北朝鮮が年初から各種ミサイルを発射し、韓米軍の迎撃防御網を突破している。北朝鮮は27日午前、2発の弾道ミサイルと推定される飛翔体2発を東海(トンヘ、日本名・日本海)に向けて発射した。軍当局は北朝鮮のこの日のミサイルについて20キロの高度で190キロを飛行したと把握した。

韓米軍当局は探知資料に基づき、北朝鮮が発射したミサイルの種類を分析している。科学技術政策研究院の李春根(イ・チュングン)名誉研究委員は「北がこの日に発射したミサイルは今年に入って最も距離が短いミサイル」とし「超短距離ミサイルを新しく開発したのか、従来のミサイルの発射高度と距離を調整して戦術的な混乱を与えようとしたのかは、北の公式発表をみる必要がありそうだ」と述べた。

北朝鮮は通常、弾道ミサイル発射をした翌日に労働新聞で公開してきたという点で、当局は精密分析結果を北朝鮮が発表すれば対照する方針だ。

当局が注目する部分は、北朝鮮が各種ミサイルを混ぜて発射している背景だ。北朝鮮のこの日のミサイル発射は今年に入って6回目で、北朝鮮は計10発のミサイルを発射した。北朝鮮は5日と11日にそれぞれ慈江道(チャガンド)で最高速度が音速の10倍(マッハ10)の極超音速ミサイルを発射したのに続き、14日には平安北道義州(ウィジュ)で列車から弾道ミサイルを発射した。速度が速いミサイルや事前発射の兆候が表れないミサイルだ。

3日後の17日には発射場所を平壌(ピョンヤン)順安(スンアン)空港に移し、目標物の上空で機動しながら迎撃を回避する北朝鮮版イスカンデルミサイル2発を東海の島に向けて発射した。北朝鮮はこの日の発射実験について、実戦配備を示唆する「検収試験」と主張した。

さらに25日には巡航ミサイル(2発)を発射するミサイル示威をしたが、この日は発射の事実を外部に公開しなかった。27日に発射したミサイルを除いても今年に入って少なくとも4種類(極超音速、列車発射、北朝鮮版イスカンデル、巡航)のミサイルを誇示した。これらミサイルの共通点は、現在の韓米の対応体系では迎撃が極めて難しいということだ。

◆極超音速、迎撃難しい

極超音速ミサイルは頂点高度後に分離した弾頭部が音速の5倍(マッハ5、時速6120キロ)以上の速度で飛行して目標物を攻撃する戦略武器だ。専門家は回避機動のために探知が難しく速度が速いため、現在の韓米のミサイル迎撃体系ではこの極超音速ミサイルを落とす適切な方法がないと評価している。

◆鉄道イスカンデル、発射原点を把握できない

北朝鮮全域の鉄道網を利用し、貨物列車を改造したTELからミサイルを発射する鉄道機動ミサイル部隊も新たな脅威だ。これは発射兆候の把握だけでなく、原点への反撃も難しいという特徴がある。14日、平安北道鉄道機動ミサイル連隊は北朝鮮版イスカンデルと呼ばれるKN-23を鉄道上の列車から発射した。イスカンデルは防空網を無力化するために目標物に近づいてから回避機動をする。したがって迎撃が難しい。

◆エイタクムス、変則飛行で迎撃回避

北朝鮮版エイタクムスと呼ばれるKN-24は、北朝鮮が対南打撃用として開発した短距離戦術地対地ミサイルだ。このミサイルは目標物の上空で変則機動するほか、最大飛行高度が30-50キロにすぎず、探知・迎撃が難しい。子弾を入れる場合はサッカー場3、4面の大きさの地域を焦土化し、戦術核の搭載も可能という。ミサイル専門家のクォン・ヨンス元国防大教授は「KN-24は一般的な弾道ミサイルのように放物線形態で飛行するが、最高高度が低いため探知・追跡・迎撃が難しい」と説明した。

◆巡航ミサイル、低高度で探知難しい

北朝鮮版トマホークと呼ばれる巡航ミサイルは100-300メートルの低高度をマッハ0.8(時速970キロ)の速度で飛行する。一般的な弾道ミサイルや放射砲(多連装ロケット)とは違い、低く遅く機動する特性のため探知自体が難しく、方向を自由に変える飛行が可能であるため迎撃回避に有利だ。

すなわち、北朝鮮が発射したミサイルはすべてパトリオット(PAC3 MSE)と高高度ミサイル防衛(THAAD)体系など韓米のミサイル防衛体系を無力化でき、深刻な脅威となる。

特に6回の核実験で大型核弾頭製造能力を誇示した北朝鮮が核弾頭の小型化に成功する場合、これらミサイルを混ぜて発射しながら核弾頭ミサイルを含める場合、核の脅威ははるか強まる。どれが核ミサイルかも分からない状況で飛んでくるミサイルの軌跡を追うのも難しい。

元政府当局者は「過去には飛んでくるミサイルをミサイルで迎撃するということは空想科学映画に出てくるような話だった。しかし科学技術が発達して現実に登場した。矛が発展すれば盾も発展するため、北のミサイルに対応する迎撃体系も開発されるだろう」とし「通常、ミサイル開発は極秘で行われるのが一般的だが、北がこのように相次いでミサイルを発射するのは、内部の結束と同時に、制裁解除など自分たちの従来の主張を受け入れるべきだという注文」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP