주요 기사 바로가기

核実験再開示唆の北朝鮮をかばう中国…「米国は誠意を見せるべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.21 15:35
0
中国が20日、核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の再開を示唆した北朝鮮をかばった。米国に対しては行動で誠意を見せるべきだと圧力を加えた。

中国外務省の趙立堅報道官はこの日の定例記者会見で核実験とICBM発射の再開を検討するという北朝鮮の発表に対する立場を問われると、「むやみに制裁と圧力を加えることでは朝鮮半島の問題を解決できないという事実が繰り返し証明された。(制裁と圧力は)緊張局面をさらに激化させるだけで、各国の利益に合わない」と述べ、米国は誠意を持って実際の措置で北朝鮮に応答すべきだと強調した。

北朝鮮労働党中央委員会は19日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が出席した中、第8期第6回政治局会議を開き、米国への対応について議論したと、朝鮮中央通信がこの日報道した。

金正恩委員長は「我々が先決的、主動的に取った信頼構築措置を全面的に見直し、暫定中止したすべての活動を再稼働する問題を迅速に検討すべきだ」と指示した。

これは極超音速ミサイルなど4発のミサイル発射が予告編で、さらに韓半島(朝鮮半島)軍事安保状況の脅威という本ゲームに入るという意味と解釈される。

また、2018年4月の党全員会議で南北・米朝首脳会談を控えて北朝鮮が先制的に宣言した核実験・ICBM発射モラトリアム(猶予)を3年9カ月ぶりに撤回する可能性があることを示唆したとみられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP