주요 기사 바로가기

BTS・NCTが導いたK-POP市場…レコード販売6000万枚時代が目に見える

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.04 11:25
0
K-POPの人気が日々高まっている。レコード販売量は5000万枚を超え、レコード輸出金額も歴代初めて2億ドル(約230億8000万ドル)を超える成果を上げた。ガオンチャートによると、昨年レコード販売量は2021年12月20日5459万枚を記録した。2020年(4170万7301枚)に比べると約31%増加した数値だ。レコード市場は2020年にも前年(2019年・2459万4928枚)に比べ58.3%増加した。

このような成長の勢いを導いたのはBTS(防弾少年団)だ。昨年、アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)で3冠に輝くなど全盛期を確認したBTSは昨年720万8920枚で最も多いレコードを販売した。その後はNCT127(404万5684枚)、NCTドリーム(388万7751枚)が後に続いた。上位10位グループのうちガールズグループはTWICE(トゥワイス)(159万9635枚・9位)一つだけで、K-POP国内市場でボーイズグループのファンダムの強勢を改めて確認させた。これは最近、著しい活動を見せたBLACKPINK(ブラックピンク)が昨年レコードを発売しなかったのも影響を及ぼしたと分析される。ただし、BLACKPINKのメンバー、リサとロゼはソロレコードをリリースしてそれぞれ76万6486枚と62万2624枚を記録し、侮れない底力を誇示した。

一方、レコード(CD)輸出額も史上初めて2億ドルを超えた。3日、関税庁によると、昨年レコード輸出額は2億423万5000ドルで、これは2020年記録した従来の最高記録1億3620万ドルより66.7%も増えた数値だ。

何より輸出経路が多角化しているという点が目立つ。2021年主な輸出国は日本(35%)、中国(20%)、米国(17%)で、日本向け輸出の割合は昨年より12%ポイント低くなり、米国と中国はそれぞれ2%ポイントと8%ポイント増加した。また、インドネシアが新たに輸出国4位にのぼった。

最近4年間低くなってきた中国のシェアが反騰したのも目につく。中国のシェアは36.1%(2017年)から25.7%(2018年)、18.2%(2019年)、12.6%(2020年)へと著しく減少してきた。中国政府が掲げた限韓令から影響を受けたせいだ。最近、反騰はBTSの活躍、オンライン直接購入の増加などが原因に選ばれている。

ただし、中国向け輸出量の増加は一時的な現象なのかもしれない。中国は昨年9月外国国籍の芸能人やアイドルのファンダム文化に対する規制方針を明らかにした。『現代中国の帝国夢』を書いた西江(ソガン)大学史学科のチョン・インガプ教授は「中国政府がこのように出たのは単発的なイベントではない。過度に肥大化した民間領域に対する統制強化に出ているため、長期間続く可能性が大きい」と見通した。

一方、K-POPのレコード販売量の増加はBTSをはじめとするK-POPアーティストのファンダムの拡大とともにコロナ禍という状況が重なったためという分析が出ている。

ガオンチャートのキム・ジヌ首席委員は「過去2年間、オフラインコンサートがほぼ開かれずファンたちの資金がレコード販売に集中した傾向がある。したがって、公演市場が正常化すれば、最近のような爆発的な成長の勢いは多少鈍化するだろう」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BTS・NCTが導いたK-POP市場…レコード販売6000万枚時代が目に見える

    2022.01.04 11:25
    뉴스 메뉴 보기
    BTS
    TOP