주요 기사 바로가기

外国留学生212人に対して不正出席処理…韓国検察「大学が就職ブローカーだった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.30 10:18
0
外国人留学生が正常に通学しているように書類を改ざんして語学研修ビザを延長させていた韓国慶尚北道地域大学の総長とその業務担当者が起訴された。

大邱(テグ)地検西部支庁刑事第3部(部長検事ソン・サンウク)は29日、慶尚北道地域大学の総長A(79)と同校外国人留学生担当課長B(51)、担当チーム長C(53)、実務担当者D(30)ら4人を出入国管理法違反と偽計による公務執行妨害容疑で書類送検した。

検察によると、4人は2018年5月から2019年8月にかけてベトナムなど外国から来た語学研修生の出席率を不正処理した成績証明書と登録料が全額納付されたように虚偽発行した納付領収書を出入国外国人事務所に提出し、計212人の外国人留学生に対するビザ延長の許可が下りるようにした容疑がもたれている。

このような手法を通じて語学研修ビザ(D-4)で在留資格を得た外国人留学生は大学に形式的に登録だけした後で不法就労活動等をしたものと検察は把握している。検察は該当の大学が留学を言い訳に入国した後、実際には就職して収入を得ている一部外国人学生に登録料を対価に「就職ブローカー」役を果たしていたとみている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    外国留学生212人に対して不正出席処理…韓国検察「大学が就職ブローカーだった」

    2021.12.30 10:18
    뉴스 메뉴 보기
    韓国検察庁のロゴ [検察庁]
    TOP