주요 기사 바로가기

韓国系留学生の襲撃で28年間悔しい獄中生活を強いられた米国人に約10億円賠償

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.08 07:19
0
冤罪で米ペンシルバニア州フィラデルフィア監獄に28年間投獄されていたチェスター・ホールマン3世さん(49)。昨年、彼は冤罪が認められて釈放されたことに続き、最近では賠償金として980万ドル(約10億円)を受けることで合意したと米国現地メディアが報じた。980万ドルは米国でも異例の高額賠償金だ。

ホールマンさんは韓国で起きた「参礼(サムレ)ナラスーパー事件〔1999年3人組強盗が全羅北道完州郡(チョンラブクド・ワンジュグン)参礼邑のナラスーパーで寝ていた70代女性を殺害した後、現金などを盗んだ事件。容疑者が逮捕されたが、真犯人がいたという情報提供で再審し、逮捕されていた容疑者3人は釈放された〕」の犠牲者とそっくりだ。ねつ造された操作で長期間悔しい獄中生活を強いられ、再捜査の末に潔白を証明したという点からだ。

事件は1991年に遡る。ホールマンさんはペンシルバニア州立大学に通っていた韓国系留学生が銃撃を受けて殺害された事件にかかわって逮捕された。偶然に殺人事件の現場を車に乗って通り過ぎていたが、殺人犯に追い込まれて警察に逮捕された。

警察はナンバープレートにY・Z・Aという文字があり、犯人の中に黒人がいたという目撃者の証言だけで彼を犯人と断定した。この過程で他の証言は黙殺された。

亡くなった留学生とともにいた友達は「犯人は赤色のズボンを履いていたし、メガネや帽子はかぶっていなかった」と明らかにした。だが、当時ホールマンさんは緑色のズボンにメガネと帽子をかぶっていた。被害者の友達は警察が連れてきたホールマンさんが誰なのか識別することができなかった。取り調べの当時、警察が暴力を使った事実も後ほど確認された。

結局、ホールマンさんは仮釈放のない無期懲役を言い渡されて服役することになった。だが、刑務所でも粘り強く無罪を主張し、彼の潔白を確信した弁護士が無料で弁護に出て結局再捜査が行われた。その結果、ホールマンさんの罪は警察によってねつ造されたというのが明らかになった。

当時、警察は事件現場の近くにあった路上生活者に「犯人の顔を見たと証言しなさい」と強要した。後日、この路上生活者は自身が警察の強圧に勝てず偽りの証言をしたとし、ホールマンさんに謝罪したいと明らかにした。

当時、有力な容疑者に対する市民の情報提供があったが無視され、容疑者がホールマンさんが乗っていた白色の車両と同じモデルのレンタカーに乗って事件以降返却したという事実も一歩遅れて明らかになった。

ホールマンさんの冤罪を証明した決定的な証拠は再調査の過程で捜し出した警察の証拠保管箱の中から発見された。警察側が被害者の爪を一部保管していたが、そこからホールマンさんでない第三者のDNAが検出されたという。このようなとんでもない事件処理は当時凶悪犯罪が猛威を振るっていたフィラデルフィアの状況と関係がある。窮地に追い込まれた警察は誰でも早く捕まえて実績を上げようとし、検察は起訴して有罪を言い渡すことに躍起になっていた雰囲気だったと再調査を担当した関係者らは伝えた。

このような状況は時間が過ぎた後、フィラデルフィア検事長が交代されることで変わり始めた。「誤った司法的判断で悔しく寃罪を被ることがあってはならない」という雰囲気が作られ、ホールマンさんの事件の再調査も弾みがつけられた。

事件はネットフリックスのドキュメンタリー『イノセンスファイル』シリーズにも扱われた。ホールマンさんはこのドキュメンタリーで「無罪釈放のために力を入れてくれた人々のためにも残りの時間を無駄に過ごさない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国系留学生の襲撃で28年間悔しい獄中生活を強いられた米国人に約10億円賠償

    2021.01.08 07:19
    뉴스 메뉴 보기
    28年間悔しく監獄生活を強いられたチェスター・ホールマンさん(黒い帽子)が106億ウォン規模の賠償金を受けることになった。昨年、彼は無罪で釈放された。釈放された後、父と妹と喜びを分かち合っている。[写真 ツイッター]
    TOP