주요 기사 바로가기

韓国外交部当局者「福島汚染水放出シミュレーション、とても短期間に集中」

ⓒ 中央日報日本語版2021.12.08 10:43
0
韓国外交部当局者が日本の福島汚染水放出計画に対して短期間の影響にだけ集中していると指摘した。

韓国外交部当局者は7日の記者らと会い、3日に開かれた韓日実務会見セッションの結果を説明しながらこのように話した。

福島原発運営会社である東京電力は先月17日に該当報告書を通じて原発汚染水を海水で希釈して海洋放流しても人と環境に及ぼす影響は極めて軽微だと確認されたと明らかにした。

外交部当局者は「東京電力のシミュレーションはとても短期間に集中したようだ」と評価した。長期的海洋環境変化に及ぼす影響が十分に考慮されていないということだ。

外交部当局者は「人的ミスや事故などにより薄められなかった汚染水が海洋放流された時に対する備えと評価も必要だという指摘があった」と伝えた。韓国政府は補完が必要な追加情報を日本に要請する方針だ。

東京電力は2023年春から海洋放流を計画したが、汚染水放出関連の審査・認可を担当する日本の原子力規制委員会は最近「(目標達成には)かなり苦しい時期に来ている」として否定的な見方を表示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国外交部当局者「福島汚染水放出シミュレーション、とても短期間に集中」

    2021.12.08 10:43
    뉴스 메뉴 보기
    外交部の崔泳杉(チェ・ヨンサム)報道官
    TOP