주요 기사 바로가기

韓国のコロナ死亡者急増ミステリー突き止めた…延世大教授「解決策は一つ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.07 06:43
0
最近感染者数と死亡者数が急増している韓国では、60~74歳が主に接種したアストラゼネカ(AZ)ワクチンの接種効果が4カ月しか持たないためだという分析が公開された。この階層に対する追加接種(ブースターショット)を急がなければならないという指摘が出ているのはこのためだ。

6日、延世(ヨンセ)大学医大予防医学教室のパク・ウンチョル教授は、韓国内の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染者と死亡者数を時系列別に分析した結果を公開した。

パク教授の分析によると、韓国内でコロナワクチン接種が始まる前の第3波時期(昨年12月~今年1月)の一日平均死亡者数はそれぞれ12.1人、16.8人で最多だった。その後2月26日から高危険群を皮切りに接種が次々と実施されて、4~7月に入って死亡者数が一日2~4人台まで大幅に落ちた。ワクチンの効果が現れたといえる。だが、7月から再び死亡者数が少しずつ増えはじめ、今月に入って一日平均44.8人(6日基準)まで爆発的に増えた。以前の最高値の3倍近くになる。

パク教授は、死亡者数が突然増加した原因に接種効果の低下を挙げた。パク教授は「3~4月に高危険群への接種を始めて死亡者数が徐々に少なくなり、接種4カ月後である7月から少しずつ上昇していることが明らかになった」とし「AZの限界ではないかと推定される」と述べた。続いて「ファイザーだけ接種したイスラエルを見ると、韓国よりやや長い6カ月間隔で接種効果が大幅に落ち、ブースターショット(追加接種)を迅速に行ったところ、再び接種効果が上昇する様子を確認することができる」と説明した。

パク教授は、この状況を克服するには高危険群に対するブースターショット接種のスピードをもう少し上げて集中的に行うべきだと指摘した。韓国内のAZ接種者は1103万人で、全体接種者の26.7%に達する。ほぼ60~74歳の高危険群だ。

このような分析は実際の研究でも確認されている。先月、国立保健研究院がワクチンの中和能力(ウイルスを無力化する能力)を分析したところ、AZは3カ月後に中和抗体数値が392から146に大幅に落ちた。ヤンセンもほぼ同じだ。ファイザーは中和抗体数値が接種完了後最高2119まで上昇し、5カ月には233まで減った。

パク教授は、最近のコロナ流行が安定傾向に入った日本の場合、ファイザー・モデルナを主として打ち、その効果低下時点が韓国より遅いからだと分析した。パク教授は「日本はファイザーとモデルナだけを接種したが、接種効果に加えて鎖国政策(入国禁止政策)で今のような防疫安定効果が現れたとみられる」と話した。また「韓国はそのような形の鎖国政策を展開することは容易ではないため、ブースターショット以外に答えがない」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国のコロナ死亡者急増ミステリー突き止めた…延世大教授「解決策は一つ」

    2021.12.07 06:43
    뉴스 메뉴 보기
    アストラゼネカ製ワクチン
    TOP