주요 기사 바로가기

韓中オンライン首脳会談を推進…中国、台湾問題で「懸念」表明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.04 12:15
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の習近平国家主席のオンライン首脳会談開催が推進される。2017年12月の文大統領の国賓訪中に対する習主席の答礼訪問が4年間にわたり実現していな中で出てきた案だ。徐薫(ソ・フン)国家安保室長は3日、天津で北京特派員団に対し、前日の楊潔チ共産党政治局員と会談の成果を説明し、「習近平主席の訪韓推進について、新型コロナ状況が安定して諸条件が満たされしだい推進していくという共感を再確認した」とし「それ以前であっても首脳間の必要な意思疎通を進めていくことにした」と述べた。

来年2月に開幕する北京冬季オリンピック(五輪)への文大統領の出席はまだ決定していないという立場だ。ある関係者は「コロナをはじめ、現在は考慮する状況が多い」とし「まだ議論する段階ではない」と説明した。続いて「コロナ状況のために北京も出るのも難しいという現実的な限界があるが、首脳間の意思疎通は継続するというレベル」とし「必要なら非対面方式でいくらでもできる」とオンライン会談の可能性を開いていおいた。

この日、北京冬季五輪組織委員会の趙衛東新聞宣伝部長は記者会見で「各国首脳の参加は国際オリンピック委員会(IOC)や主催国(中国)が招待するのではなく、各国の五輪委員会が進める」とし、海外首脳の招待に留保的な立場を表した。

◆徐室長「楊潔チ政治局員は終戦宣言の推進を支持」

終戦宣言について、徐薫国家安保室長は中国側の支持を引き出したと強調した。徐室長は「終戦宣言を含め、韓半島(朝鮮半島)平和プロセスの進展のための努力を説明した」とし「楊潔チ政治局員は終戦宣言の推進を支持し、この宣言が韓半島の平和と安定を増進させるのに寄与するとみると話した」と伝えた。韓国側関係者は終戦宣言について「68年間続いた規定が明確でない状況を整理する本質的な側面が一つ、終戦宣言の議論を通して北との対話を再開できるモメンタムを作り出そうというもう一つの趣旨がある」と分けて説明した。終戦宣言の文言に非核化を含むことについては「現在は文案まで議論する段階ではない」とし、推測を警戒した。

◆台湾問題では言葉を控えた双方、中国は「懸念表明」原論立場

前日にソウルで開かれた韓米定例安保協議(SCM)の共同声明に「台湾海峡」が表記されたことに関連し、ある関係者は「関心があることではなかった」とし「地域情勢を全般的に議論した」と言葉を控えた。台湾問題は中国側の発表文にも含まれなかった。敏感な問題に言及して韓中関係改善の雰囲気に冷や水を浴びせるべきでないという趣旨と解釈される。

ただ、中国外務省は3日、「昨日の天津交渉でこの問題(SCMの共同声明)について議論し、中国は強い懸念を表した」と明らかにした。聯合ニュースの書面質問に対しては「楊局員が台湾問題は中国の内政に属するという点を強調し、中国の主権と領土の完全性に関するものと中国の核心利益に関するものはいかなる外部勢力の干渉も認めない点を強調した」と答えた。こうした反応は、台湾問題をめぐる中国政府の従来の立場を改めて強調したものだ。

韓中は最近の尿素水不足とサプライチェーン問題についても議論した。徐薫室長は「尿素など中国産品目の円滑な対韓国輸出が韓中の経済協力に重要であるだけに、支障がないよう協力を要請した」とし「楊局員は『中国も原材料の円滑な需給安定など相互補完的な韓中経済協力関係の重要性をよく知っているだけに今後積極的に努力する』と述べた」と説明した。

中国は「両国と地域、世界産業チェーンと供給チェーンの安定した疎通を、力を合わせて保障しなければいけない」と国際サプライチェーンの安定を強調した。半導体装備など先端製品のサプライチェーンから中国を排除しようという動きに韓国が参加しないよう圧力を加えたと解釈される。

◆「韓国映画公開、EXOオンライン出演…開始段階にすぎない」

徐室長は韓中文化コンテンツ交流の再開を強調した。徐室長は「11日にアイドルグループEXOが中国テンセントミュージックアワードにオンライン出演する」とし「映画『オー!ムニ』が今日(3日)公開され、芸能人イ・ドンウク氏が中国の雑誌の表紙モデルに登場するのは、我々の持続的な要請によるもので、まだ開始の段階」と述べた。続いて「楊局員は『中国も韓中間の文化分野交流協力の重要性をよく知っていて、積極的に努力中』と述べた」とし、中国の積極的な立場も伝えた。

懇談会に先立ち青瓦台が配布した報道資料は「徐室長が『新型コロナ状況が良くなりしだい観光協力も拡大することを期待する』と述べた」と伝えた。2016年の高高度防衛ミサイル(THAAD)韓国国内配備以降に中国が見せた韓国団体観光商品のオンライン販売禁止、チャーター機・クルーズ禁止、ロッテ関連施設の禁止、広告の禁止など制限措置が今後解除されるかどうかが注目される。

前日の会談は午後5時(現地時間)に始まり、夕食会を含めて10時35分まで5時間半ほど続いた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓中オンライン首脳会談を推進…中国、台湾問題で「懸念」表明

    2021.12.04 12:15
    뉴스 메뉴 보기
    2日、中国天津で会談前に写真撮影をする徐薫(ソ・フン)国家安保室長(左)と楊潔チ共産党政治局員(右)。 [中国外務省サイト]
    TOP