주요 기사 바로가기

韓中「コロナ安定時、習近平訪韓推進に共感確認」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.03 14:19
0
韓中両国は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)状況が安定して環境が整えば習近平主席の訪韓を推進する方向で共感を再確認した。また、中国は南北の終戦宣言を支持する意向を明らかにした。

韓国の徐薫(ソ・フン)国家安保室長は2日午後、中国天津で楊潔チ中央政治局委員と会談およびディナーミーティングを行った。この日の会談では▼高官交流および実質協力などの韓中両国関係▼韓半島(朝鮮半島)非核化などの韓半島問題▼地域・国際問題など相互関心事案--が話し合われた。

韓中は新型コロナ状況が安定して環境が整い次第、習近平主席の訪韓を推進することに対して共感を再確認し、訪韓以前も首脳間で必要な疎通を推進していくことにした。

また、両首脳間の合意で宣言された「韓中文化交流の年(2021-22)」記念事業の充実した推進を図り、今後両国間の文化分野の交流・協力をより一層積極的に推進して友好感情を増進する契機にしていくとした。

徐室長は両国間のゲーム・映画・放送・音楽など文化コンテンツ分野の交流・協力が活性化するように中国の協力を求めた。

これに対して、楊委員は中国も関連協力を重視していて積極的に努力中だとしながら、今後も引き続き協力していくことを確認し、新型コロナ状況が良くなり次第、観光協力も拡大していくことを期待すると述べた。

徐室長は尿素など中国産品目の円滑な対韓輸出が韓中経済協力関係に重要なことから、今後も支障なく継続できるように中国側の協力を要請した。楊委員は韓中間における原材料の円滑な需給など相互補完的経済協力の重要性は十分理解していて積極的に努力していくと述べた。

徐室長は終戦宣言を含めて韓半島平和プロセスの進展のための韓国の努力を説明した。これに対して楊委員は終戦宣言推進を支持して、同宣言が韓半島の平和と安定を増進させるのに寄与すると考えると述べた。

楊委員は中国が韓国政府の南北関係増進のための努力を一貫して支持するとし、韓半島平和・安定のために中国も引き続き努力していくと強調した。

今般の訪問は徐薫室長の初めての中国訪問で、楊潔チ委員が2020年8月に徐室長の招待で訪韓したことに対する答礼の意味をもつ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓中「コロナ安定時、習近平訪韓推進に共感確認」

    2021.12.03 14:19
    뉴스 메뉴 보기
    中国の習近平国家主席
    TOP