주요 기사 바로가기

終戦宣言に言及しない中国外務省「北京五輪の成功を祈願」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.03 11:46
0
中国外務省は2日、韓国の徐薫(ソ・フン)国家安保室長が楊潔チ共産党政治局員との会談で、中国の北京冬季オリンピック(五輪)開催を支持して成功を祈願した、と発表した。

中国はこの日、外務省ホームページに北京冬季五輪と韓中経済協力を強調する内容の会談結果文を掲載した。関心を集めた終戦宣言と両国首脳のオンライン会談は発表文に入らなかった。

終戦宣言を含む韓半島(朝鮮半島)問題について、発表文は「中国は一貫して朝鮮半島南北双方の関係改善を支持し、『双軌並進』構想と段階的な行動対行動の原則を主張する」とし「対話と交渉を通して朝鮮半島問題を解決し、各関係国と共に朝鮮半島の平和と安定を守り、朝鮮半島の長期的な安定を実現するために建設的な役割を発揮することを望む」と従来の立場を繰り返した。

中国がいう「双軌並進」構想とは、北朝鮮非核化議論と韓半島平和体制を同時に進めようという主張だ。終戦宣言の議論については「双方は共同の関心の問題について意見を交換した」とう回して表現した。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領と習近平国家主席のオンライン首脳会談も発表文から抜けた。その代わり楊潔チ政治局員が「高官級交流と戦略的意思疎通を強化することを望む」とし、徐薫室長は「中国と密接な高官級交流を期待する」と述べた、と発表した。

発表文は終戦宣言や北朝鮮核問題よりも経済を強調した。楊政治局員は「世界の主要経済の主体であり多国間自由貿易体制の支持者である韓中両国は、相互補完的な優勢を引き続き発揮し、両国と地域、世界産業チェーンと供給チェーンの安定した疎通を力を合わせて保障しなければいけない」と強調した。先月、SKハイニックスが中国無錫半導体工場に先端装備を導入しようとしていた計画が、米国側が国家安全保障を理由に反対したことで白紙になるかもしれないという報道を意識した発言と分析される。

韓国内の悪化した反中感情を意識した表現も発表文に入った。楊政治局員は「来年は修交30周年」とし「中国はこれをきっかけに国民感情を増進することを望む」と強調した。韓国国民の悪化した対中国世論をこれ以上放置できないと判断したとみられる。中国は徐室長の訪中に合わせて高高度防衛ミサイル(THAAD)配備前以来6年ぶりに韓国映画『『オー!ムニ』の中国国内上映を許可した。

徐室長は3日午前11時(韓国時間12時)に天津で特派員団に会談結果を説明する。「1つの会談に2つの発表」という形だ。先月16日の米中オンライン首脳会談後も、米国と中国はそれぞれ自国に有利な部分を浮き彫りにしながら発表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    終戦宣言に言及しない中国外務省「北京五輪の成功を祈願」

    2021.12.03 11:46
    뉴스 메뉴 보기
    2日、中国天津で会談前に写真撮影をする徐薫(ソ・フン)国家安保室長(左)と楊潔チ共産党政治局員(右)。 [中国外務省サイト]
    TOP