주요 기사 바로가기

安倍氏の発言に猛反発の中国「挑戦すれば必ず頭が割れて血が流れる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.02 08:21
0
中国が台湾を攻撃した場合、米国と日本が介入する可能性があることを示唆した安倍晋三元首相の発言に対して中国政府が強い不満をあらわにした。

中国外交部の汪文斌報道官は1日、定例記者会見で安倍氏の発言に対してコメントを求められて「国際関係の基本準則と中日4大政治文書の原則を無視して、台湾問題に対して公然とでまかせを言いながら口出しをし、中国の内政に対してでたらめなことを言った」と批判した。

汪報道官は続いて「中国はこれに対して強い不満を表し、断固として反対する」とし「外交チャネルを通じて厳正な交渉を提起した」と述べた。

あわせて「台湾は中国の神聖な領土で、他の人が勝手に手を出すことは絶対に容認しない」とし「中国人民のマジノ線に挑戦すれば、必ず頭が割られて血が流れるだろう」と強調した。

汪報道官が言及した日中4大政治文書は▼1972年の修交当時に締結した「日中共同声明」▼1978年に署名した「日中平和友好条約」▼1998年に江沢民国家主席の国賓訪日を契機に発表した「日中共同宣言」▼2008年に胡錦濤国家主席の訪日当時に発表した「『戦略的互恵関係』の包括的推進に関する日中共同声明」--をいう。この文書には日本の歴史反省と「一つの中国」原則、相互主権および領土の完全性尊重などの内容が含まれている。

「頭が割られて血が流れる(頭破血流、ひどい目に遭うという意味)」という表現は、今年7月習近平国家主席が北京天安門広場で開かれた中国共産党創党100周年演説で「そのいかなる外国勢力も我々を困らせたり圧迫したりすることを中国人民は絶対に容認することはできない」とした表現だ。

日本と台湾メディアによると、安倍氏は台湾シンクタンクである国家政策研究所が主管したフォーラムで「中国が台湾を攻撃すれば日本と米国は座視しない」としながら「台湾有事は日本有事、すなわち日米同盟の有事だ」と述べた。あわせて「この点の認識を、北京の人々は、とりわけ習近平主席は断じて見誤るべきではない」とし、台湾に問題が生じた場合、米国と日本が共同で対応する可能性があることを示唆していた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    安倍氏の発言に猛反発の中国「挑戦すれば必ず頭が割れて血が流れる」

    2021.12.02 08:21
    뉴스 메뉴 보기
    汪文斌報道
    TOP