주요 기사 바로가기

【コラム】中国が「極超音速」崛起…米中露の新軍備競争時代へ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.29 15:51
0
「今はスプートニク(Sputnik)の瞬間に近いと考える」。中国の極超音速兵器開発に対する米国の危機感はこの一言に要約される。米軍最高責任者のマーク・ミリー統合参謀本部議長は7、8月の中国の極超音速兵器実験を、1957年にソ連が米国より先にスプートニク衛星を打ち上げた衝撃に例えた。米国が「ゲームチェンジャー」と呼ばれる極超音速兵器で中国に遅れをとっていることを初めて認め、競争に入るという宣言だった。

極超音速ミサイルは弾道ミサイルや巡航ミサイルとは違い、地球上の目標物を1時間以内に打撃する攻撃手段だ。ミサイルに音速の5倍を超える極超音速滑空体(hypersonic glide vehicle=HGV)を搭載し、ミサイル防衛体系(MD)を無力化させることを目的とする。

密かに進行された中国の極超音速兵器試験は、米軍の観測事実公開で既成事実化している。ハイテン米統合参謀本部副議長は16日、CBSのインタビューで「当時(7月28日)中国は長距離ミサイルを発射し、地球を回って極超音速滑空体を落とした。滑空体は中国にある目標物を打撃した」と明らかにした。

分離した極超音速滑空体から別の発射体がまた切り離されたという見方も出ている。ウォールストリートジャーナル(WSJ)は米高官の発言に基づき、「音速の5、6倍で飛行する滑空体から弾頭や誘引装置(decoy)とみられる2つ目の発射体が分離した」と報じた。

英BBCの説明はさらに詳細だ。「当時テストした極超音速ミサイルは2段階発射体形態で、1段目は旧型東風-16Bを使用し、2段目は極超音速滑空体DF-ZF(WU-14)」と説明した。240トンの中国衛星打ち上げロケット長征2号に極超音速ミサイルが搭載され、ミサイルが分離しながら滑空体を通して打撃する方式だったということだ。滑空体に核弾頭が搭載されれば核攻撃が可能になる。

中国は「ミサイルテストではなく宇宙ロケット試験」として反論した。米国がいう2段目の発射体は「宇宙ステーション用カプセルの発射を誤解したものだ」と強弁した。中国国営グローバルタイムズは中国の脅威を浮き彫りにしながら軍備を増強しようとする米国の不純な意図だと非難した。

しかしこうした発言と実際の動きは正反対だ。中国が極超音速技術の開発に全力を注いでいる状況があちこちで感知されている。

極超音速兵器開発に最も重要なのは同一条件のシミュレーション施設だ。音速の5-30倍まで速くなる空気と温度の変化で滑空体の制御を誘導しなければならない。中国国営CCTVは24日、世界で最も速い風洞「JF-22」の完工を来年に控えていると報じた。当時は中国が極超音速ミサイル試験を実施したという事実が外部に伝えられた時だ。

風洞は極超音速状況の気流を作り出す一種のトンネルだ。JF-22はマッハ30の飛行条件まで作ることができると、CCTVは公開した。中国科学院力学研究所の姜宗林博士は「世界最高レベルの風洞設備が航空機および宇宙ロケットの開発に寄与するはず」と述べた。武器への言及はなかった。

【コラム】中国が「極超音速」崛起…米中露の新軍備競争時代へ(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP