주요 기사 바로가기

ドイツ保健相の殺伐とした警告…「ワクチン受けるか死亡するか」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.23 09:34
0
ドイツ保健相が新型コロナウイルスワクチン未接種と関連し殺伐とする警告を送った。

AP通信などが22日に伝えたところによると、ドイツのシュパーン保健相はこの日の記者会見で、ドイツ国内で新型コロナウイルスワクチンを接種していない人全員がこの冬が終わるまでに感染する可能性が極めて高く一部は死亡すると話した。

シュパーン保健相は「この冬が終わるころ、ドイツ人はワクチン接種を完了しているか、(新型コロナウイルスで)治療しているか、または死亡するだろう」と話した。

シュパーン保健相は発言がやや冷笑的だという点を認めながらも「これは事実」と強調した。彼は「感染力が非常に高いデルタ株によりこうした状況が発生する可能性は非常に高い。そのためワクチン接種を促すもの」と説明した。

現在ドイツは新型コロナウイルスの感染拡大傾向が激しい状況だ。外信はこの24時間にドイツ国内の新型コロナウイルス新規感染者が3万人を超えており、これは1週間前と比べ50%ほど増加したものと伝えた。

ドイツも新型コロナウイルス累積死亡者数は近く10万人を超える勢いだ。病院の重症患者室には患者があふれており、一部の患者は遠く離れた病院に移される状況という。ドイツの一部政治家は新型コロナウイルスワクチン接種を義務化する案を提案したりもした。

シュパーン保健相はワクチン予防接種をしてこそ感染と重症化の可能性を減らせると主張した。合わせて年末までに使用可能な5000万回分のモデルナとファイザーの新型コロナウイルスワクチンを確保しているとし、1回目と2回目の接種と、追加接種(ブースター接種)の必要性を繰り返し強調した。

一方、シュパーン保健相は欧州連合(EU)の保健当局が週末に5歳~11歳の児童を対象にした新型コロナウイルスワクチン接種を承認すると予想した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ドイツ保健相の殺伐とした警告…「ワクチン受けるか死亡するか」

    2021.11.23 09:34
    뉴스 메뉴 보기
    コロナウイルスワクチン
    TOP