주요 기사 바로가기

接種完了50代とヤンセン接種者に来月からブースターショット=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.29 16:01
0
来月からヤンセン製ワクチン接種者を含む50代と、基礎疾患がある人に対する新型コロナワクチン追加接種(ブースターショット)が始まる。

新型コロナ1次対応要員と関連従事者、社会必須人員など業務の特性上感染・伝播のリスクが高い人も対象だ。これらは優先接種職業群に分類され、今年上半期の早い時期にワクチンを接種し、現在は抗体が大きく減っているとみられる。新型コロナ予防接種対応推進団は28日、「新型コロナ予防接種11-12月施行計画」を発表した。段階的な日常回復(ウィズコロナ)を安全に進められるよう、追加接種の対象者を拡大することに焦点を合わせた。

感染および重症・死亡危険、突破感染などを考慮し、50代の年齢層と基礎疾患がある人、ヤンセン製ワクチン接種者、優先接種職業群を2段階高危険群に含めた。これに先立ち10月から追加接種を施行中の1段階高危険群には、新型コロナ治療病院従事者と60歳以上の年齢層が含まれた。2段階高危険群205万人は11月からブースターショットを接種することになる。

まず事前予約に入るのはヤンセン製ワクチン接種者の約148万人。ヤンセン製ワクチン接種者は相対的に突破感染の比率が高く、接種者の多数が活動性が高い青壮年層である点を考慮し、接種完了2カ月後から追加接種を施行する。事前予約は28日に始まり、実際の接種は来月8日からとなる。委託医療機関でmRNAワクチン(モデルナまたはファイザー)の接種を受けることができる。30歳以上の年齢層に限り、希望すればヤンセン製ワクチンの追加接種が可能だ。

来月1日午後8時からは50代の年齢層と基礎疾患がある人に対するブースターショット接種の事前予約が始まる。実際の接種は来月15日からだ。50代の年齢層の場合、接種完了後6カ月が経過した人を対象に施行される。この日0時基準で10-12月期の接種対象者は約32万人。ブースターショット接種対象には業務特性上感染・伝播危険が高く、早期に接種した優先接種職業群も含まれる。基本接種後6カ月が経過した1次対応要員と保健医療関係者、関連従事者、特殊教育・保育、保健教師および保育施設看護人員、社会必須人員(警察・消防・軍人)25万人が含まれた。同じく来月1日から事前予約に入り、15日から接種が始まる。

推進団はブースターショットは基本的にmRNAワクチンを活用し、できるだけ同じワクチンで、ワクチンの種類が2種を超過しないよう勧告すると明らかにした。例えばアストラゼネカ-ファイザーの交差接種者はブースターショット接種ではできる限りファイザーを接種することを勧告する。モデルナは基本接種容量の半分(0.25ミリリットル・抗原量50マイクログラム)、その他のワクチンは基本接種と同一容量でブースターショットを接種する。

推進団はこの日、ワクチン異常反応に対する国民の不安を解消するため「新型コロナワクチン安全性委員会」を構成すると明らかにした。委員会は医学分野の最高碩学で構成された「大韓民国医学翰林院」を中心にワクチン接種と異常反応に関する調査と分析、安全性の検討を行う。これまで接種後に集中治療室に入院したりこれに準ずる病気が発生した事例のうち「根拠資料不十分」で因果性が認められなかった場合にも、来年から1人あたり最大3000万ウォン(約290万円)の医療費を受けることが可能になる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP