주요 기사 바로가기

6カ国語できても男児産めなければ冷遇…皇女まで逃げる日本の皇室

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.27 08:06
0
徳仁天皇の姪である眞子さま(30)が日本国内の世論悪化にもかかわらず、民間人出身の小室圭さん(30)と26日に結婚を強行し、日本は大きく揺れた。皇籍を放棄した眞子さまはこの日婚姻届を出し、来月ニューヨークに出発する予定だ。米国日刊紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は25日(現地時間)、「眞子さま事件は歴代の日本皇室女性に宮内外から加えられてきた過酷な負担感を表わしている」と分析した。

26日、小室さん・眞子さま夫妻が東京のあるホテルで記者会見をする間、市内ではデモが起きた。彼らが手にしているピケには「皇室は日本の魂」というフレーズが書かれていた。NYTによると、今月1日、宮内庁が2人が結婚する予定だと明らかにした後、東京繁華街である銀座などの地では反対デモが繰り返し行われてきた。彼らは眞子さまに対して「呪われた結婚で皇室を汚すな」「日本を国際的に恥さらしにした」と声を高めた。

NYTは「天皇は伝統的な日本の象徴」としながら「このために皇室女性は女性に厳格な役割を付与する保守的な日本社会の広範囲な性不平等の集約体」と指摘した。

日本の皇室で、男性は民間人の女性と結婚しても皇族の地位を失わないが、女性は皇室を離れなければならない。眞子さまは徳仁天皇の弟である文仁親王の長女だ。女性は王位継承もできない。現在、徳仁天皇は男性後継者がおらず、王位継承序列は弟の文仁親王が1位、文仁親王の長男・悠仁さまが2位となっている。その他にも皇室の女性は「良い母親か」「姑との関係は良いか」「息子を産んだか」など、日本のマスコミや大衆、宮廷の役人たちの無慈悲な圧力を受けなければならないとNYTは分析した。

これに先立ち、明仁上皇(1989~2019年在位)と1959年に結婚した上皇后の美智子さまは戦後初の民間人出身の皇后だった。美智子さまは子女を直接養育しない皇族の伝統から離れ、子どもたちを自らの手で育てた。明仁上皇が皇太子だった1964年、東京パラリンピックを控えて障がい者福祉施設を訪問する席に同行し、災難被害者に会った席でひざまずいて話を交わすなどそれまでの皇族たちとは異なる姿を見せた。しかし、美智子さまのこうした当時の行動を姑の香淳皇后が好ましく思っていないという報道が相次いだ。続いて公開席上で皇太子妃のファッションがあまりに頻繁に変わったり、女性が自ら宮を改善補修することを批判する世論が高まった。美智子さまはその後公開公務を自制しなければならなかった。

美智子さまの嫁であり、徳仁天皇の夫人である現皇后の雅子さまも皇族出身ではない。1993年の結婚当時、将来を嘱望された外交官だった雅子さまは、米ハーバード大学経済学科を卒業し、東京大学で法学を勉強した才女だったが、結婚と同時にキャリアが断絶した。2001年愛子さまを出産した後、息子を産むことができず「後継をつなぐことができなかった」という宮内外の露骨な発言が続いた。6カ国語を操れるのに「息子を産むために健康管理をしなければならない」という理由で夫との海外歴訪への同行が禁じられた。2004年には深刻なストレスで帯状疱疹を患ったこともある。

眞子さまの結婚もこのような倫理的ものさしの影響から自由ではなかったという見方がある。眞子さまと小室さんが2017年婚約発表をしてから、小室さんの母親の私生活が相次いで暴露された。「皇室に適した配偶者ではない」という批判世論が沸き起こり、圧倒的多数の日本人たちはこの結婚に反対した。宮内庁は今月初め、眞子さまが深刻なストレスによって「複雑性心的外傷後ストレス障害(PTSD)を患っている」と明らかにしたが、これさえも「批判世論を避けるための偽りではないか」という疑問がSNSで広がった。ポートランド州立大学の日本皇室専門家ケネス・ルオフ教授は「日本人がどのような形でも、自分に眞子さまの配偶者に関する発言権があると信じているのは非常に特異な現象」と指摘した。

皇室女性は日本の伝統的なジェンダーの役割を象徴していて、彼女たちに対する過酷な基準は、結局日本社会の底辺に流れている女性に対する視線であるというのがNYTの分析だ。「今回の総裁選で女性首相候補2人を出すなど日本社会も努力を傾けているが、多くの面で女性は相変らず2等市民に留まっている」としながらだ。

これに対する根拠として、メディアは結婚した夫婦の選択的別姓制が許されず、ほぼすべての女性が夫の姓に従っているという点を挙げた。企業経営陣や議会、米国名門大の留学機会で女性が過小評価されているとも紹介した。反面、職場内で女性はハイヒールを履かなければならない規則や性暴行問題など不当なことに声を出す女性に対しては「限度を越えている」という社会的叱責が相次いでいるとした。

一方、眞子さまと小室さんが新居を構える場所として米国ニューヨークを選び、米国が世界の「皇室異端児」の逃避先として注目を浴びている様相だ。これに先立ち、英国のヘンリー王子(38)も王室から出て米国に定着した。ヘンリー王子の夫人メーガン妃(41)に黒人の血が混ざっていて一度婚姻経歴があるという理由から非難を受けたため米国行きを選んだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    6カ国語できても男児産めなければ冷遇…皇女まで逃げる日本の皇室

    2021.10.27 08:06
    뉴스 메뉴 보기
    日本の明仁上皇と美智子上皇后の皇太子時代の様子。[中央フォト]
    TOP