주요 기사 바로가기

「ひかれたのは太陽のような明るい笑顔」 1億5250万円辞退の眞子さま、米国で新婚生活

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.27 14:34
0
一般人男性と婚約した徳仁天皇の姪の眞子さま(29)が皇籍離脱時に支払われる一時金を辞退することにした。

26日、NHKや共同通信など現地メディアは眞子さまが大学時代の同級生である小室圭さん(29)と早ければ翌月婚姻届を出し、結婚後は渡米して新婚生活を始めるだろうと報じた。

また、皇室業務を担当する宮内庁は眞子さまに支払われる生活定着金を本人意志により支払わない方向で調整中だ。

日本では女性の皇族が結婚して皇室を離れる時は関連法によって品位維持の名目で最大1億5250万円の一時金が支払われる。

しかし眞子さまは結婚相手の小室さんの母親の金銭問題で批判世論が起きた点を考慮して一時金を辞退する意志を示した。皇族女性に定着金が支払われないのは初めてのことだ。この問題で2017年9月に婚約した眞子さまは2018年11月に結婚する計画だったがこれまで延期してきた。

眞子さまは徳仁天皇の弟である秋篠宮文仁親王の長女だ。

眞子さまと小室さんは国際キリスト教大学(ICU)で出会い恋人関係に発展した。眞子さま2017年に婚約を伝えながら「最初にひかれたのは、太陽のような明るい笑顔」と話した。

2018年8月に渡米してニューヨーク州のロースクールで勉強してきた小室さんは今年5月にロースクール課程を修了して7月に弁護士資格試験を受けた。すでにニューヨーク州の法律事務所から就職内定を受けた状態で就職ビザも下りているという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP