주요 기사 바로가기

<女子サッカー>韓国、米国のホーム連勝を22で止める

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.22 15:37
0
サッカー韓国女子代表が米国のホームでの連勝を22で止めた。

コリン・ベル監督が率いる韓国は22日(日本時間)、米カンザス州カンザスシティのチルドレンズ・マーシー・パークで国際サッカー連盟(FIFA)ランキング1位の米国と親善試合を行い、0-0で引き分けた。

米国は2019年10月6日の韓国戦(1-1引き分け)以降、国内で22連勝中だった。しかしFIFAランキング18位の韓国に連勝記録を阻まれた。韓国は米国との歴代対戦成績が10敗4分けとなった。

韓国はイ・グムミン(ブライトン)、池笑然(チ・ソヨン、チェルシー)、チョ・ソヒョン(トッテナム)ら欧州組を先発出場させた。米国はメーガン・ラピノー、リンジー・ホランを前に出して波状攻勢を見せた。しかし韓国のGKユン・ヨングル(慶州韓水原)の好セーブが続いた。米国はベテランのカーリー・ロイドまで投入したが、得点には至らなかった。

試合後、ユン・ヨンムンは「勝てればよかったが、ゴールキーパーとして失点せずに試合を終えることができてうれしい。後半に足で防いだ場面が最もよかった」とし「(これまで)ベンチに座りながらこの時間をずっと待っていた。いつも想像しながら目指していたことが現実になった。今までサッカーをしながら準備してきたことを今日発揮することができ、感謝の気持ち」と語った。

韓国は27日に米ミネソタ州セントポールのアリアンツフィールドで米国ともう一度対戦する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP