주요 기사 바로가기

<サッカー>「横浜惨事」韓日戦…東京五輪の聖火リレー開始日、韓国は脇役に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.26 07:25
0
7月に開幕する東京オリンピック(五輪)聖火リレーが25日午前に始まった。出発点は2011年東日本大震災が発生した福島だった。日本政府は五輪を通じて「復興」を全世界に知らせようとしている。

同日午後7時20分、横浜の日産スタジアムで開かれた韓国・日本代表チームによる親善試合は、日本の立場で「安全な五輪」を広報する機会だった。観客も1万人収容した。日本の狙い通り、韓国代表は完全な「脇役」だった。

「横浜惨事」だ。2011年札幌で0-3の惨敗に喫して以来、10年ぶりの韓日親善戦で再び惨敗、歴代3回目の3ゴール差で敗北した。韓国(FIFAランキング38位)は日本(27位)に前半2ゴール、後半に1ゴールを奪われて0-3で負けた。「80回目の韓日戦」で敗れて、韓国は相手戦績は42勝23分け15敗となった。韓国は孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)、黄儀助(ファン・ウイジョ、ボルドー)ら主軸が負傷および新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に伴う所属チームの防疫規定のため合流できなかった。事実上、1.5~2軍だった。

韓国のパウロ・ベント監督(ポルトガル)は李康仁(イ・ガンイン、バレンシア)を最前方に出す「ゼロトップ(最前方と中盤の区分を曖昧にして相手をかく乱する攻撃フォーメーション)」を使った。戦力上では互角には戦えないため、変則戦術を使った。選抜名簿のうち欧州組が韓国は李康仁だけだが、日本は大迫勇也(ベルダー・ブレーメン)をはじめ8人だった。キックオフ直前、孫興民はインスタグラムに「一緒に戦えず申し訳ない気持ちが大きい」というコメントを残した。

ベント監督は李康仁、ナ・サンホ(ソウル)、イ・ドンジュン〔蔚山(ウルサン)〕ら173センチの短身トリオのスピードを活かそうとしたが、日本が看破した。日本のパスサッカーと圧迫に韓国DF陣は総崩れとなった。

前半11分、遠藤航(VfBシュツットガルト)のヘディングシュートがクロスバーにヒットしてヒヤリとしたものの、韓国はそのまま前半16分に失点した。韓国が危険ゾーンからボールを押し出そうとする間、大迫のヒールパスをサイドバックDFの山根視来(川崎)が強烈なシュートを蹴り込み、先制点を奪われた。前半26分、李康仁~洪チョル(蔚山)に続いたパスが切れ、逆襲チャンスで鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)は右シュートで追加ゴールを奪った。ベント監督は後半に李康仁を下げて鄭又栄(チョン・ウヨン、フライブルク)を投じた。韓国の機動力と闘志がやや上昇したが、後半38分に追加失点を喫した。コーナーキックで遠藤を完全にフリーにしてしまい、ヘディングで追加ゴールを奪われた。一方、後半39分にイ・ドンジュンが初の有効シュートを記録した。

選手の時に日本戦で2ゴールを決めた安貞桓(アン・ジョンファン)解説委員は、中継中に「韓日戦は勝敗だけが残る残忍な試合だ。『最後の試合と考えて必死にプレーしよう』と考えた」と回想した。これまで韓日戦の戦績で相手を上回っていたのは、韓国が体を張った闘志あふれるプレーをしてきたからだ。だが、前半基準でシュート(1対9)はもちろん、ファール数(5対9)でも押された。

ハン・ジュンヒ解説委員は「制空権が低い韓国FW陣にスピードの遅いロングパスを蹴った。MFからゲームを組み立てていかなければならないのに、中盤を制された。当初、洪チョルら選手選抜も納得行かず、カタールリーグの選手〔アル・サッドSCの南泰煕(ナム・テヒ)〕や鄭又栄に執着した。守備型MFとして充分ではないのにメンバー入りさせ、選手団リーダーもいないようだった。ゴールキーパーのキム・スンギュ(柏レイソル)でなければ、5~6失点もありえたかもしれない最低の成績だった」とした。

代表チーム選抜過程で洪明甫(ホン・ミョンボ)蔚山監督は「洪チョルは負傷でコンディションが良くない」と話したが、ベント監督は洪チョルを選んでスタメン入りさせた。洪チョルは後半にはやや調子を取り戻したものの、「ベント不通リーダーシップ」だ。また、新型コロナが懸念される中で日本遠征を強行したが、今回の敗北で大韓サッカー協会とベント監督に対する批判は一層強まる見通しだ。

試合直前、代表団が宿泊するホテルの警備員が陽性判定を受けたが、両チーム選手団全員に陰性判定が出て試合は正常に行われた。韓国代表チームは26日の帰国後、直ちに坡州(パジュ)NFC(代表チームトレーニングセンター)に移動して来月2日まで「同一集団(コホート)隔離」を行いながら訓練を続ける。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>「横浜惨事」韓日戦…東京五輪の聖火リレー開始日、韓国は脇役に

    2021.03.26 07:25
    뉴스 메뉴 보기
    25日、横浜で開かれた韓日戦で李康仁(左)が吉田麻也と競り合っている。[写真 大韓サッカー協会]
    TOP