주요 기사 바로가기

<サッカー>韓日戦完敗で頭を下げた韓国サッカー協会長…謝罪文

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.27 11:14
0
大韓サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長がサッカー代表Aマッチ韓日戦の完敗に責任を痛感し、サッカーファンに謝罪した。

鄭会長は26日、サッカー協会を通じて謝罪文を公開し、「サッカー代表チームの韓日戦敗北に失望されたサッカーファンとサッカー関係者、国民の皆様にサッカー協会長として申し訳なく思う」と伝えた。

パウロ・ベント監督が率いる韓国代表は25日、横浜の日産スタジアムで開催された日本代表とのAマッチ遠征親善試合で始終劣勢となり、0-3で完敗した。孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)など多数の主力選手が抜けた点を勘案しても、スコアだけでなく戦術、競技力、闘志まですべての面で完敗し、世論の批判は激しかった。

鄭会長は「サッカー協会は2022カタールワールドカップ(W杯)予選を控え、代表チームの戦力を高める唯一の機会だと判断し、韓日戦という負担にもかかわらず今回の対戦を推進した」とし「難しい状況の中で防疫に最善を尽くして無事に競技を終えたが、不足した競技力で不快な思いをさせ、深くお詫びする」と謝罪した。

今回の韓日戦完敗に関連して世論の非難がベント監督に向かうことについては懸念を表した。鄭会長は「ベント監督だけに非難が集中するのは穏当でない」とし「良い状態で試合に臨めるよう完ぺきに支援することができなかったサッカー協会の責任が大きい」と強調した。続いて「今回の件を教訓にして、さらに積極的に支援する。球団や指導者など現場の声にさらに耳を傾けて対話をする」と約束した。

韓国代表は韓日戦のエントリーを構成する過程から滑らかでなかった。洪明甫(ホン・ミョンボ)蔚山現代監督が「本調子でない」と話したDF洪チョル(ホン・チョル、蔚山)を代表チームに抜てきし、韓日戦に先発出場させた。洪チョルは最善を尽くしたが、コンディションの限界を克服できず低調な競技力を見せた。負傷の孫興民(ソン・フンミン)、新型コロナ陽性判定を受けた朱世種(チュ・セジョン、カンバ大阪)については所属チームと対話せず代表メンバーに含め、後に除外するなど、「意思疎通」不足のハプニングもあった。

鄭会長は今後、支援システムをより一層アップグレードし、同じ失敗を繰り返さないことを約束した。鄭会長は「問題の原因を正確に把握し、6月から始まるW杯アジア2次予選ではサッカーファンと国民に変わった代表チーム、喜びと希望を与える代表チームを見せることができるよう万全を期する」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>韓日戦完敗で頭を下げた韓国サッカー協会長…謝罪文

    2021.03.27 11:14
    뉴스 메뉴 보기
    鄭夢奎(チョン・モンギュ)大韓サッカー協会会長 キム・ギョンロク記者
    TOP