주요 기사 바로가기

五輪聖火、北京に到着…漢帝国のランタンで来年2月まで保管

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.21 14:48
0
来年2月4日に開幕する2022冬季オリンピック(五輪)を照らす聖火が20日、北京に到着した。北京市はこの日、聖火歓迎式を開き、火種が過去の中国・西漢帝国の宮殿の長信宮を照らした灯蓋をモチーフにした「中華第一燈」で、来年2月2日まで保管すると発表した。

北京五輪の聖火リレーは来年、開幕3日前の五輪競技場が位置する北京と延慶、張家口の3カ所で1200人のランナーが参加する。2018年の韓国の平昌(ピョンチャン)五輪当時は聖火リレーが2017年11月1日から101日間、7500人以上のランナーが全国を一周したのとは異なり、大きく縮小された。北京五輪委員会は、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)を縮小理由として挙げた。代わりに、一般人は拡張現実(AR)とバーチャルリアリティ(VR)方式で、インターネット上で聖火を鑑賞することができるという。

組織委員会は、縮小された聖火リレーの代わりに保管用ランタンのデザインを強調した。聖火のリレーよりも保管期間の方が長くなったためだ。漢帝国の宮殿の灯蓋をモチーフにしたのは2008年の北京夏季五輪開幕式の公演のテーマが「強い漢帝国、繁栄した唐帝国(強漢盛唐)」だったのと脈絡を同じくする。

「強漢盛唐」というメッセージは、聖火リレーのエンブレムで一層強調された。組織委側は聖火リレーのエンブレムのデザインの理念に「中国の優れた伝統文化と時代の精神を示し、一層強まった民族の誇りと結束力を象徴している」と説明した。

漢帝国の灯蓋をモチーフとした理由としては、「永遠の信念」を挙げた。組織委員会は、「長信は『永遠の信念』を象徴する」とし「人間の光明と希望の追求と憧れを代表する」とした。「長信宮の灯蓋は2000年以上前の西漢の宮殿の灯蓋」とし「見た目が可愛らしく華やかで、デザインは精巧ながらも環境保護を考慮している」と述べた。

聖火保管用ランタンの名称は飛び立つことを意味する「飛揚」とした。ランタンの上部の赤いリボンが火種を巻き付けて飛び立つ姿と統一させたデザインだという。

章神宮の灯蓋は、今回冬季五輪が開催される河北省保定で1968年に出土された。紀元前の漢6代皇帝・景帝の息子、中山靖王劉勝と妻・竇綰の墓である満城漢墓だ。劉勝は帝国最大の繁盛期を成した武帝の異母兄弟で、三国志の劉備の祖先にあたる。長信宮の灯蓋は漢の皇室の太后の居所だった宮殿の名に由来している。実物は石家荘の河北博物館に展示されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP