주요 기사 바로가기

サムスン電子系列4兄弟の「サプライズ」…四半期別売上の最多記録更新の見込み

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.19 10:37
0
今年7-9月期、史上初めて四半期別売上高70兆ウォン(約6兆7600億円)台を超えたサムスン電子に続き、サムスンの電子系列会社4社も「アーニングサプライズ(予想外の実績)」の仲間入りをするものと見られる。上場企業のサムスンSDIとサムスンSDS、サムスン電気は四半期別売上高の最多記録の更新が予想される。

18日、関連業界によると、サムスンSDIは電気自動車のバッテリーと小型バッテリー販売の好調により、7-9月期、過去最多の四半期別売上高を記録するものと予想される。韓国金融投資業界の推定値(Fnガイド)は売上高3兆6200億ウォン、営業利益3476億ウォン。前年同期と比べて売上高は15%以上、営業利益は20%以上増加するものと予想される。

サムスンSDIの7-9月期の売上高は過去最多の4-6月期(3兆3343億ウォン)を超えるものと見られる。ハンファ投資証券のイ・スンハク研究員は「電気自動車用円形バッテリー供給の増加と偏光フィルムの需要好調、有機発光ダイオード(OLED)素材の繁忙期入りによって良い実績が出た」と分析した。

情報技術(IT)サービス・物流会社のサムスンSDSも上半期に続き、好実績の基調が続くものとみられる。Fnガイドによると、7-9月期業績の推定値は、売上高3兆2525億ウォン、営業利益2321億ウォン。推定通りになれば、4四半期連続の売上高3兆ウォン台突破はもちろん、4-6月期に立てた四半期最大売上(3兆2509億ウォン)を更新する可能性もある。

SK証券のチェ・グァンスン研究員は「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)以降、顧客会社のIT投資拡大と物流運賃のウォン高が続いたため、良好な実績を記録するだろう」と述べた。証券街では、クラウドやスマートファクトリーなどSDSの新成長事業の成長が10-12月期以降も続くとの見方を示した。サムスンSDSはコア事業に集中するために、現在唯一のB2C(企業・消費者間取引)事業の「ホーム・モノのインターネット(IoT)」部門の売却を進めている。

サムスン電機は3大主力事業(モジュール・コンポーネント・基板)がいずれも善戦し、7-9月期の売上高は2兆5000億ウォン前後、営業利益は4000億ウォン台前半を記録するものと予想される。前年同期比で売上高は10%以上、営業利益は35%ほど増えた。特に7-9月期の売上高は直前の最大の4-6月期(2兆4755億ウォン)を越えるか注目される。

見通しも明るい。証券街の年間業績推定値は、売上高9兆5620億ウォン、営業利益1兆4310億ウォンだ。それぞれ前年比17%増、71%増の数値だ。NH投資証券のイ・ギュファ研究員は「サムスン電気は今年10-12月期にも過去最多の実績を達成する見通し」とし「前方産業の業況の需要回復と供給不足の緩和により来年の実績はさらに肯定的だと予想する」と述べた。

非上場会社のサムスンディスプレイもスマートフォン用の有機発光ダイオード(OLED)市場の拡大により好実績が予想される。証券街の7-9月期業績推定値は、売上高7兆2000億ウォン、営業利益1兆5000億ウォン程度だ。売上高はほぼ横ばいだが、営業利益は前年同期比3倍以上に急増するものと見られる。アップルの補償金で単発の収益が反映された直前の四半期(1兆2800億ウォン)よりも多い。

市場調査会社のUBリサーチとストーン・パートナーズによると、今年7-9月期、サムスンディスプレイのスマートフォン用(フォルダブルフォン含む)OLED出荷量は、前期比24.6%増の1億2476万台。関連市場のシェアは70%を超える。

一方、サムスン電機、サムスンSDSは27日、サムスン電子は28日、サムスンSDIは来月2日に、7-9月期の業績を開示し、経営説明会(IR)を開く予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン電子系列4兄弟の「サプライズ」…四半期別売上の最多記録更新の見込み

    2021.10.19 10:37
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン
    TOP