주요 기사 바로가기

NYT「『コロナ2カ月周期説』パターン再確認…最悪の時期は過ぎたようだ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.05 08:54
0
2カ月周期で拡大と収縮を繰り返す新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のパターンが再確認されたとニューヨーク・タイムズ(NYT)が報じた。

メディアは4日(現地時間)、新型コロナが特別な理由なく2カ月で再び鎮静化しつつあると伝えた。

現在、米国で新規感染者数は先月1日に比べて35%減少した。世界的にも新規感染者数が30%減った。特に重篤患者数もあわせて減少したことが分かった。

新型コロナで入院した患者の数は25%減り、死亡者数は先月20日に比べて10%減少した。

NYTは「新型コロナが初めて確認された2019年末から2カ月周期で拡散と収縮を繰り返している」とし「しかし伝染病専門家も2カ月周期の原因を明らかにすることができていない状態」と伝えた。

続いて新型コロナが収縮期に入っているうえ、現在、世界的にワクチン接種が加速している状況を勘案すれば、新型コロナに関連した最悪の時期は過ぎたとみられると予測した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    NYT「『コロナ2カ月周期説』パターン再確認…最悪の時期は過ぎたようだ」

    2021.10.05 08:54
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP