주요 기사 바로가기

日本、「脱コロナ」主な先進国の中で最も遅れるかも=英国調査

ⓒ 中央日報日本語版2020.12.11 10:57
0
日本が主な先進国の中で新型コロナ以前の日常生活に戻る時期が最も遅れるだろうと英国医療調査会社「エアフィニティー」が分析した。

英国医療調査会社エアフィニティーは各国のワクチン確保状況に基づいて国民のほとんどが接種を受けた後、「集団免疫」ができてからかつての日常生活に戻ることができる時点を分析した。

その結果、日本は接種開始が出遅れたため、2022年4月になってこそ日常生活を取り戻すと見込まれた。日本はまだ具体的なワクチン接種日程が決まっていない。

エアフィニティーはワクチンの接種を通じて日常に戻ることが最も早い国として2021年4月と見込まれた米国を挙げた。また、カナダ(2021年6月)、英国(2021年7月)、EU(2021年9月)、オーストラリア(2021年12月)の順だった。

人口の多い中国は2022年10月、インドは2023年2月に日常生活復帰が可能になると予想された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本、「脱コロナ」主な先進国の中で最も遅れるかも=英国調査

    2020.12.11 10:57
    뉴스 메뉴 보기
    10日、東京の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)一日の新規感染者が最多を記録した中、日本政府内でも現在の安易な対応を批判する声が高まっている。
    TOP