주요 기사 바로가기

世界最高の安全な旅行地はコペンハーゲン…ソウルは25位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.24 09:07
0
2021年世界で最も安全な都市にデンマークのコペンハーゲンが選ばれた。ソウルは25位を記録した。

21日(現地時間)、米国経済週刊誌「エコノミスト」傘下の「ザ・エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が発表した報告書「2021世界の都市安全性指数ランキング(SCI)」でデンマークの首都コペンハーゲンが最も高い点数を獲得した。これは世界60都市をサイバーセキュリティ、インフラの安全性、個人の安全性などの項目で評価したもので、今年は「環境の安全性」項目が新設された。

報告書によると、コペンハーゲンは100点満点中82.4点で初めて世界で最も安全な都市に選ばれた。これまでは東京、シンガポール、大阪のようなアジアの都市が毎年1位を占めてきた。

特にコペンハーゲンは今年新設された「環境の安全性」で特に高い点数を受けて大幅に順位が上昇した。

ソウルは2017年には14位、2019年調査では9位を記録したことがあるが、今年の順位では多くの欧州都市が上位圏にランクインして順位が急落した。ソウルの総合点数は73.8点だった。インフラの安全性が83点、デジタルセキュリティーが62.1点、個人の安全性が69.9点で、医療・健康環境の安全性と環境の安全性がそれぞれ81.1点、72.9点を記録した。

2019年調査ではインフラの安全性が92.4点、サイバーセキュリティーが84.7点で、個人の安全性は87.5点、医療・健康環境の安全性85.2点を記録していた。2019年と2017年の1位は東京だった。

今年の1位は82.4点のコペンハーゲンで、2位はカナダの首都トロントが占めた。

シンガポール、オーストラリア・シドニー、東京、オランダ・アムステルダム、ニュージーランド・ウェリントン、香港、オーストラリア・メルボルン、スウェーデン・ストックホルムが後に続いた。米国ニューヨークは12位、ドイツ・フランクフルトは13位を記録し、米国の首都ワシントンDCと英国の首都ロンドンはそれぞれ14位と15位にランクした。

SICプロジェクト総括のプラティマ・シン氏は「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)は都市の安全性のすべての側面に影響を及ぼした」としながら「高所得国家とSCI指標の総合点数は非常に顕著な相関関係があることを確認した。低所得国家はインフラ投資に対する優先順位を高めなければならない」と話した。

メディアは、新型コロナで在宅勤務が実施されてサイバーセキュリティーに対する重要性が強調され、ロックダウン(封鎖令)の拡大で犯罪類型に変化があって個人の安全性に影響を及ぼしていると説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    世界最高の安全な旅行地はコペンハーゲン…ソウルは25位

    2021.09.24 09:07
    뉴스 메뉴 보기
    デンマーク・コペンハーゲンの港前の岩の上に設置された人魚姫像。[中央フォト]
    TOP