주요 기사 바로가기

恒大きょう利払い期日、1兆7505億元の負債爆弾爆発するか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.23 07:13
0
中国を代表する超大型不動産企業が破産の危機に置かれた。最近流動性危機に陥っている恒大グループの話だ。不動産ブームに押され急成長したが、中国政府が急騰した住宅価格を押さえ込むために発表した貸付規制により社債利払いすら難しいほど資金繰りが悪化している。

23日と29日に予定された社債利払いが恒大の債務不履行(デフォルト)を決める1次試験台になる見通しだ。高承範(コ・スンボム)金融委員長も22日、「恒大グループ問題が世界の金融市場のシステムリスクに拡散する可能性は限定的というのが多くの専門家の見方」としながらもモニタリング強化を注文した。

1997年に設立された恒大グループは中国の不動産ブームを背景に急成長した。借入により土地を取得して規模が小さい住宅を地方の小都市に大量供給する薄利多売方式を選択した。全国280以上の都市で約1300件の開発事業を行う中国2位の不動産開発業者に成長した。昨年の売り上げだけ1100億ドルに達する。昨年米経済誌フォーチュンが選定した世界500大企業のうち122位に上がった。貧農出身である恒大の創業者徐家印会長は2017年にフォーブス選定の中国人富豪1位になったりもした。

危機はタコ足式拡張から始まった。不動産分野以外に金融、旅行、スポーツなどの分野に手を伸びた。特に2019年に設立した電気自動車メーカーの恒大自動車に総額3000億元(約5兆円)以上を投資した。投資金の多くは社債と銀行からの借入などで調達した。恒大グループの負債は6月末基準1兆7505億元だ。これに対し自己資本は4110億元にすぎない。負債比率は425%に達する。

中国当局が不動産開発業者の過度な資金調達を防ぐ方針を発表し、国有銀行が先を争って貸付を回収したことで恒大の資金難は手が付けられないほど拡大した。企業価値も急落した。22日の香港証券市場で恒大グループの株価は2.27香港ドルで取引を終えた。1年前の20.25香港ドルより88.8%の急落だ。

恒大グループは23日に5年物ドル建て社債に対する8350万ドル規模の利子を支払わなくてはならない。続けて29日には7年物ドル建て社債4750万ドルの利払いも予定されている。

ただ恒大グループは22日に声明で、深セン証券市場で取引される2025年9月が満期の社債の利子を23日に期日通りに支払うと発表した。利子規模は2億3200万元だ。だが同日に満期を迎える8350万ドル相当にドル建て社債の利払いに対する言及はなかった。

恒大リスクが中国版リーマンショックに広がるとの懸念から21日のニューヨーク証券市場ではダウ指数が0.15%、S&P指数が0.081%下げ4取引日連続の下落となったが、ナスダック指数は3取引日ぶりに0.22%と小幅に反騰し乱調傾向を見せた。一部の利払いをするという恒大の発表にこの日の上海総合指数は前日より0.40%上がった3628.49で取引を終えた。香港ハンセン指数も前日より0.51%上がった2万4221.54で引けた。

世界経済と中国経済に及ぼす影響と関連し、香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは22日、専門家らの話として「恒大のデフォルト危機が中国の金融システムの全般的な安定を脅かしはしないだろう」と分析した。国際格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は最近の報告書で「中国政府は恒大の危機が他の大型不動産開発業者にも波及する場合にだけ支援に出るだろう」と予想した。世界的投資銀行バークレイズもやはり報告書で「恒大の債務は状況を変えるほど大きくはない」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP